2013年4月28日(日)

11R

2013年4月28日(日) | 3回京都4日 | 15:40発走

第147回天皇賞(春)(GI)

芝・右・外 3200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13200、5300、3300、2000、1320万円 |

トーセンラー

 新馬を勝った頃からクラシック候補として期待され、きさらぎ賞ではオルフェーヴルを破っている。3冠路線は、皐月賞7着、ダービー11着と春は完敗。秋になって巻き返し、菊花賞は3着に入線した。昨年の夏には鳴尾記念3着、七夕賞、小倉記念2着と好勝負したものの、あと一歩で勝てず。新潟記念では、連戦の疲れが出たか7着に敗れ、その後は一息入れている。休養明けになった京都記念は6番人気だったが、中団から鮮やかに突き抜けて、きさらぎ賞から2年ぶりの勝利となった。G1挑戦はクラシック以来だが、京都コース自体は全3勝を挙げ、3000mの菊花賞も3着と得意な舞台。瞬発力を生かせるレースになればチャンスだ。

ジャガーメイル

 デビューが3歳の秋と遅れたように、本格化にも時間がかかったが、4歳の春から進撃開始。3連勝で波に乗ると、重賞でも上位に食い込み、海外G1の香港ヴァーズでも3着と善戦した。だが重賞勝ちはなかなか得られず5歳時は未勝利。6歳になって迎えた天皇賞春でマイネルキッツとの一騎打ちを制し、ようやくの初重賞勝ちがG1制覇となった。この後も勝ち星こそ無いものの、ジャパンCで3、4着、昨年の天皇賞春4着と、G1でも好走している。今年で9歳になったが、年末の香港ヴァーズでは時計差無しの2着、年明けのダイヤモンドSでも58.5キロで2着と、衰えは全く感じられない。キャリアがモノを言う長距離戦。今回も侮れない。

フェノーメノ

 以前は左回り専門のイメージが強かったが、昨秋のセントライト記念で1着。前走の日経賞も、好位から抜け出し快勝と、もはや右回りを心配する声は払拭された。あとは悲願のG1勝ちに突き進むのみだ。思い出されるのは昨年のダービー。ディープブリランテを捉えたかに見えたが、ゴール寸前で外に寄れハナ差残しての2着は、あまりに悔しすぎた。昨秋の天皇賞も勝利が見えたと思われた瞬間、ぽっかり開いた内からエイシンフラッシュが強襲し、半馬身差の2着。能力的には、いつでもG1を勝てるだけの力は持っている。ここもゴールドシップという大敵はいるが、器用さではこちらのほうが上。早めに抜け出し、ライバルが接近する前に大きなリードを取りたい。

アドマイヤラクティ

 一度1800m戦を走ったことがあるが、それ以外はデビュー以来全て2000m以上のレースを選択。スタミナタイプを見込んでレースを選んできた効果が、今の活躍に繋がっているのだろう。昨年春から秋にかけては4戦3勝で、あっという間に条件クラスを卒業。しかし、これまで33秒台を記録したことが無いように、末の決め手に欠けるのも事実。実際オープンクラスに上がると、アンドロメダS、金鯱賞、アメリカJCCが全て3着と、惜敗が続いた。そこでダイヤモンドSでは、早めに仕掛けてスタミナ勝負に持ち込むと、ジャガーメイルに2馬身半差をつける快勝。これがこの馬のベストな形だろう。天皇賞も上がりがかかる展開なら上位争いに加われる。

ゴールドシップ

 2歳時はモタモタする面もあり取りこぼしも目立ったが、スタートを決めた共同通信杯で初めて重賞を勝つと、ここからエンジン全開。皐月賞は、馬場悪化で有力馬が外に持ち出す隙をつき、インを強襲。鮮やかに1冠目を奪取した。ダービーは仕掛けが遅れ、脚を余す形で5着。これが悔しかったか、秋からはまくって早めに進出するようになると、もはや取りこぼしは無し。神戸新聞杯を楽勝すると、菊花賞も派手なまくりで豪快な勝利を決めた。初めて古馬との対戦になった有馬記念も、大外強襲で力の違いを見せつけた。叩き台の阪神大賞典も快勝し、順調に本番を迎える。いずれはオルフェーヴル、ジェンティルドンナと雌雄を決する立場。ここでは負けられない。

レッドカドー

 唯一、海外(イギリス)からの遠征馬である。5歳になって頭角を現し、アイルランドのG3で初重賞を勝つと、メルボルンC、香港ヴァーズといったG1でも好勝負している。6歳になった秋にはジャパンCに出走。13番人気と目立つ存在ではなかったが、33秒4の脚で後方から脚を伸ばし8着に入線。勝ち馬のジェンティルドンナからは離されたが、今回有力のフェノーメノとコンマ2秒差は注目したい。続く香港ヴァーズでは、ジャガーメイルをハナ差抑え、初めてのG1勝ち。ドバイワールドCは距離不安を囁かれていたが、アニマルキングダムの2着と大健闘した。7歳になって更に成長を示しており、走り慣れた長距離で、初の天皇賞海外馬の優勝も夢ではない。

ムスカテール

 条件戦でモタモタしていた馬が急成長。要因は瞬発力にある。かつては、よほどなスローペースでも上がり3F は33秒台が精一杯、ほぼ34秒台で終わっていた。それが昨夏から32秒台の脚を連発し、究極の上がり勝負になった新潟記念でコンマ1秒差の5着に善戦し、オクトーバーSもあっさり差し切り、オープン入りを果たした。その後も勢いは衰えず、アルゼンチン共和国杯は好タイムの2着、日経新春杯も急遽出走にもめげず2着に食い込んでいる。前走の日経賞も徐々に進出し3着と、どんな状況でも崩れない安定感は心強い。レース展開が異なることの多い天皇賞春では、この安定感が大きな武器になる。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。