2013年4月21日(日)

11R

2013年4月21日(日) | 3回京都2日 | 15:35発走

第44回読売マイラーズカップ(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

エーシンメンフィス

 デビューから11戦連続してダートを使っていた馬が、12戦目にして初めて芝のレースに出走。これが、この馬を大きく変えた。ダートの500万を勝ちあがり、衣笠特別に出走。格上げ初戦に加え、芝も初戦では人気になるわけがなく、単勝は50倍以上。これを嘲笑うかのように、逃げて3馬身差の楽勝。3連単100万を超える大穴馬券を演出した。この勢いと軽ハンデを見込んで、初めての重賞挑戦となった愛知杯。1000mラップが64秒5と重賞では記録的スローペースをつくりあげると、最後まで脚色は衰えず、まんまと逃げ切った。続く京都牝馬Sは先行馬が多く、今度は甘くないと思われたが、一転差す競馬を披露し2着入線。勢いはとどまるところを知らない。

カレンブラックヒル

 4連勝で駆け抜けた昨年春。秋になっても毎日王冠を快勝し、無敗のまま天皇賞秋に挑む。さすがに勝てなかったものの、ハイペースを先行して5着に粘り、能力を再認識させた。その勢いも、全く違うステージでは通用しなかった。初めてのダート戦になったフェブラリーSは、スタート後にいつものスピードが生かせず、押していって何とか3番手につける。最後は余力も無く、15着と悪夢の挑戦となった。しかし芝に戻れば問題なし。芝のマイル戦は4戦4勝で、G1のNHKマイルCを見ても、ベストの距離。開催変わりの京都はスピード一辺倒の競馬になりやすく、この馬にとっては有利な状況。前走から多くの条件が好転し、この馬らしさが全開する。

クラレント

マイル戦の強さは格別で、2歳時には早くもデイリー杯2歳Sを快勝。3歳になるとNHKマイルCで3着と好戦し、秋には富士Sを勝っている。今年はここまで東京新聞杯一戦だが、好位から伸びるとダイワマッジョーレの強襲を半馬身抑え、3つめの重賞タイトルを手に入れた。これで重賞勝ちは全てマイル戦である。兄のリディルもデイリー杯2歳S勝ちを含め、全5勝中4勝がマイル戦。弟のレッドアリオンもマイルのニュージーランドT2着、アーリントンC3着と、兄弟揃ってマイルの適性が強い。間隔を開けて、堅実にマイル戦をチョイスしての出走は勝負の表れ。2戦2勝の京都コースも味方してくれる。

グランプリボス

 2歳から3歳春にかけて、朝日杯FS、NHKマイルCのG12つを含む重賞3勝。強力なチャンピオンマイラーの登場と期待されたが、夏の海外遠征を期にまさかの失速。一時は二桁着順も目立ち、早熟馬の典型例のように衰えを指摘する評も見られた。これを覆したのが昨年の安田記念。13番人気にまで支持は落ちていたが、久々にこの馬らしい脚を見せ、ストロングリターンの2着と復活をアピールした。秋になってもスワンSを豪快に差し切り、マイルCSでは堂々の1番人気。直線で不利を被りながら2着に押し上げ、負けて強しの印象を残した。またしても海外遠征は敗れたが、しっかり立て直し、国内戦なら期待に応えてくれよう。

シルポート

成績は安定していないものの、この馬に見合った条件に嵌ると突然走り出す。それがマイラーズCで、3年前こそ大敗したが、2年前は7番人気で逃げ切り。そして昨年、この年から京都にコースが変わった影響もなく、あっさりと逃げ切っている。相変わらずここ6戦で二桁着順が4回と不安定だが、マイラーズCと同じ舞台のマイルCSでは4着に善戦。前走の中山記念でも粘りに粘り、ゴール前寸前に捕まったが、勝ったナカヤマナイトと同タイムの3着に好走と、8歳になっても衰えは感じられない。ちなみに昨年も中山記念で2着と調子を上げてからマイラーズCで勝利。同じような流れの今回も、当然逃げ切りの期待は高まる。

ダノンシャーク

 ディープインパクト産駒の素質馬で、早くから期待が高かったものの、爪に不安があり、まさに最後の詰めが甘いレースが多かった。その不安は古馬になって徐々に解消されてきたが、最後の甘さは変わらず、昨年の上半期は京都金杯、マイラーズC、エプソムCと2着が3回。悲願の重賞勝ちはなかなか達成できなかった。それでも臆することなく、昨秋は毎日王冠、マイルCSと強豪にぶつけて善戦。そして迎えたのが、年明けの京都金杯。好位のインにつけて脚を溜めると、直線で全開。これまでの詰めの甘さが嘘のように、後続に2馬身半差をつける楽勝。遅まきながら重賞ウイナーの仲間入りを果たした。素質からも、まだまだ大きな活躍を見込める馬だ。

ファイナルフォーム

 兄のダノンムロー、ファイナルスコアーはオープンクラスまで進んでおり、父がディープインパクトの同馬への期待は大きかったが、デビューは3月と遅れた。しかし、ここからが早い。初戦を勝ち、2勝目を挙げるのに3戦かかったが、初めての重賞挑戦となったラジオNIKKEI賞を好位から抜け出し快勝。秋に向けて大きな期待がかけられた。休養明けの富士Sも2着し、マイルCSでは3番人気と高い支持。しかし直線で大きな不利を受けて12着と、不本意な結果に終わった。年末の阪神Cは距離が短いと思われたが3着し、今回はそれ以来のレースになる。キャリアからまだまだ成長の余地もあり、古馬になってどんな競馬を見せてくれるか楽しみである。

レインボーダリア

 連勝のような派手な過去もなく、少しずつ力をつけていった5歳の昨年、ついに花開いた。夏に五稜郭Sを勝ち、オープンクラスに突入。クイーンSでは少差の4着と、牝馬同士なら重賞でもやれるところを見せた。府中牝馬Sも32秒9の脚で4着に入線。好レースを続けた調子を維持し、G1のエリザベス女王杯に臨んだ。牝馬3冠全て2着のヴィルジーナが圧倒的な人気を集めていたが、当日は雨で重い馬場。道悪得意の同馬は、これを味方にヴィルジーナとの一騎打ちを制し、初重賞制覇が嬉しいG1勝ちとなった。今回は実績の無いマイル戦出走。ヴィクトリアマイルへの試走の感が強いが、スピード競馬への対応ができるか注目である。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。