IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年2月10日(日)

11R

2013年2月10日(日) | 2回京都6日 | 15:35発走

第106回京都記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 |

カポーティスター

 初勝利に3戦かかったが、昇級するとすぐに新緑賞を5馬身差の圧勝。一躍ダービー候補に挙げられたが、青葉賞で2番人気に推されるも9着と惨敗。残念ながらダービー出走はならなかった。秋に期待がかかったが、神戸新聞杯で大敗し、菊花賞出走も叶わず、同日の1000万北野特別に出走。好位から抜け出し、人気のカナロアを競り落とした。間隔をあけて次戦は、1600万を飛び越え、重賞の日経新春杯に挑戦。10番人気と評価は低かったが、うまくラチ沿いを通ると、インから抜け出して大金星。確かにハンデや好枠に恵まれたところもあるが、元はダービーも期待された素質馬。これをフロックと決めつけてかかると危険だ。

ショウナンマイティ

 新馬、萩Sと2連勝し、当然クラシック候補に挙げられていたが、折り合い難のため後方で脚を溜める競馬が多く、差しては届かない、もどかしい結果が多かった。ただ古馬になってからは常に馬券圏内に来ているように、確実に内容は進化している。特に産経大阪杯では、他馬と上がり3Fの時計が1秒近く違う凄まじい脚で、一気の差し切り。鳴尾記念でも32秒台の脚を駆使して、勝ち馬にトゥザグローリーに急接近の2着。そして宝塚記念でも、オルフェーヴル、ルーラーシップに続く3着に入線。いよいよG1も見えてきた。ただ昨秋は脚に疲れがあって休養。今回は7か月以上の休養明けで、仕上がりに注意したい。差しが決まる今の京都コースは合う。

ジャスタウェイ

 豪快な末脚を武器にし、3歳春にはアーリントンCを快勝。ただダービーは大敗し、秋は菊花賞ではなく、天皇賞を目標にした。初戦は毎日王冠。12番人気の低評価を嘲笑うような差し脚で、先に抜け出したカレンブラックヒルを強襲。クビ差届かなかったものの2着と上々の内容だった。続く天皇賞も、勝ち馬エイシンフラッシュからコンマ5秒差の6着。上位5頭がすべてG1連対経験馬だったことからも、大善戦と見ていい。秋2戦の内容から、前走の中山金杯は期待が高かったが、追い込み届かず3着の惜敗。不器用なタイプで、小回りコースが合わなかった感が強い。広い京都の2200mで変身の可能性は高く、持ち前の末脚が爆発する可能性は高い。

ジョワドヴィーヴル

 母はG1勝ち馬のビワハイジ。姉には名牝ブエナビスタ、兄にアドマイヤオーラ、アドマイヤジャパン、トーセンレーヴがいる屈指の良血馬である。もちろんデビュー前から期待は高く、新馬は評判どおりの快勝。続く阪神JFではキャリア一戦ながら4番人気に推され、レースでも豪快に抜け出し、あっという間にG1ウイナーに輝いた。ただ体が小柄なため調整には苦しんだようで、休養明けのチューリップ賞は3着。一叩きで期待された本番の桜花賞は、道中で骨折した影響もあったのか6着と大敗してしまった。その故障も癒え、今回は桜花賞以来の一戦となる。更に初の古馬相手と厳しい面が多く、どこまで素質でカバーできるか。馬体の成長にも注目したい。

トーセンラー

 3歳の春はきさらぎ賞を勝ったものの、調子を崩した時期もあり、クラシックでは思ったほどの結果は残せなかった。態勢を立て直して秋を迎えると、菊花賞は3着。きさらぎ賞以来の勝利も目前と思われたのだが、古馬になって未だ勝ち星は無い。だが内容は悪くなく、鳴尾記念では強豪を相手に3着、七夕賞ではアスカクリチャンのハナ差2着と、悔しい一戦もあった。その後も小倉記念で2着、新潟記念は7着も勝ち馬からコンマ2秒差と、惜敗が続いた。夏場に激戦が続いたので、秋は休養に充てている。京都コースは、きさらぎ賞勝ちを含め5戦2勝3着2回と得意のコース。調教も動いており、久々でも仕上がりは良さそうだ。

ビートブラック

 衝撃的だった昨年の天皇賞春。ゴールデンハインドとともに大逃げを敢行すると、直線ではこれを競り落とし、独走状態。オルフェーヴルが後方で苦しむのを尻目に、4馬身差圧勝の大逃走劇を演じて見せた。その後はさすがにマークもきつく、有馬記念ではペースを上げて逃げるも、後続も差を詰めて追いかけてくる展開で息が入らず、9着に敗れている。ただジャパンCでは、直線で大きな見せ場をつくったように、後続を離して逃げると、しぶとく粘るレースを見せてくれる。今回は天皇賞春を勝ったほか、菊花賞3着、京都大賞典2着と、好結果の多い京都コース。他に飛ばす馬も不在で、大逃げができれば、天皇賞春の再現も夢ではない。

ベールドインパクト

 瞬発力勝負に長けた馬が多いディープインパクト産駒の中にあって、この馬は一瞬の脚よりも、いい脚を長く使えるスタミナに富んだタイプ。それを見せ付けたのが菊花賞で、3コーナーあたりから、まくり気味に進出し、直線入り口ではあわやの雰囲気もあったほど。最後は4着と力尽きたが、10番人気の低評価を覆す見せ場をつくった。続くディセンバーSは、小回りの1800mという舞台に不安はあったが、中団から抜け出し、力で押し切った。京都記念と同じ京都2200mは、春の京都新聞杯で2分10秒4の好タイムをマークし、トーセンホマレボシの2着と実績もある。タフな馬場にも対応できるので、初の重賞制覇のチャンスはある。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。