IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年12月22日(日)

10R

2013年12月22日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第58回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 | レコードが出たレース

ダノンバラード

 アメリカJCCの勝利は、2歳時のラジオNIKKEI杯2歳S以来、約2年ぶりの重賞勝ち。今年は飛躍の年と思われたが、その後は目立ったレースもなく、いつものダノンバラードに戻ってしまった。そんなイメージを払拭したのが宝塚記念。積極的に2番手で競馬を進め直線を迎えると、ゴールドシップに交わされたものの、ジェンティルドンナ、フェノーメノの一流G1馬を抑え2着入線と、大健闘を見せてくれた。実はG1レースは3回走って、宝塚記念2着のほか皐月賞3着もあり、大レースで強いタイプ。前走の天皇賞・秋は惨敗したが、適性が合わなかった。力の要る馬場で、しぶとさを生かせる中山2500mは絶好の舞台。大敗後だからこそ怖い存在だ。

ウインバリアシオン

 ダービー、菊花賞で2着。ともに勝ち馬がオルフェーヴルでは仕方がない。その後は天皇賞・春の3着もありG1勝ちは時間の問題と思われたが、屈腱炎を発症し、長期休養を余儀なくされた。故障も癒え、前走の金鯱賞は1年5か月ぶりの休養明け。結果よりも、まずは無事に走れるか。そこに主眼が置かれた復帰戦だったが、前残りになったレースで、唯一後方から伸びて3着に入線。かつてG1で好走した力は健在であった。クラシックで大きな壁になったオルフェーヴルが、有馬記念で引退。これに合わせたような復帰に因縁も感じる。最後の最後で、打倒オルフェーヴルを果たせるのか、注目の的である。

オルフェーヴル

 ずば抜けた能力と、破天荒な競馬で我々を魅了したオルフェーヴルもいよいよ引退レースを迎える。今年は大阪杯を勝ってフランス遠征。フォワ賞を楽勝し、今度こそ勝てる手応えを掴んだ凱旋門賞だったが、3歳牝馬トレヴに離され、2年連続の2着という結果に終わった。その後はフランスにしばらく滞在し、疲れをとってから帰国。昨年は凱旋門賞の後ジャパンCに出走。少々調子に疑問があったが、それでもジェンティルドンナ相手に少差の2着。今年は間隔をたっぷりとっての出走ということもあり、調子は上々のようだ。有馬記念は2年前にスローペースをものともせず大外をまくって豪快に差し切っており、コース、展開に不安はない。最後になる王者の雄姿を、よく目に焼き付けておきたい。

アドマイヤラクティ

 今年はここまで重賞ばかりを7戦し、10着に敗れた目黒記念以外は全て掲示板に載る安定感を見せている。上半期はダイヤモンドSを勝ち、天皇賞・春では4着と善戦。この秋も京都大賞典で4着し、57.5キロを背負ったアルゼンチン共和国杯でも2着と好走。この内容から、ジャパンCでは4番人気に支持された。いつものように中団後ろからレースを進め、上がり33秒5の末脚で上位陣に迫る。結果届かず4着も、勝ったジェンティルドンナとはコンマ1秒差と、G1でも勝ち負けできる力をつけてきた。中山コースは3戦2勝3着1回で着外は無し。今の力の要る馬場も、この馬には合っている。消耗戦になれば、この馬のスタミナが大きな武器になる。

トゥザグローリー

 ここまで重賞を5勝しており、G1では何度も上位人気に推されてきたほどの馬なのだが、まだG1勝ちは無い。ただ有馬記念は相性が良く、3年前は14番人気で3着、一昨年も9番人気で3着と、人気薄ながら上位に食い込んでいる。昨年夏に鳴尾記念を勝って以来勝ち星から遠ざかっており、一時は4戦連続で二けた着順と不調に苦しんだが、この秋になって復調気配を見せており、京都大賞典では6着も勝ち馬からコンマ4秒差。そして金鯱賞では4着と、久々に掲示板に載った。今回も人気は低そうだが、2度に渡って複穴を生み出した馬。今年も侮れない。

ゴールドシップ

 G1を4勝。実績ならオルフェーヴルに次ぐ存在なのだが、その地位が厳しい状況にある。不安が見えたのは天皇賞・春。高速馬場を考慮して先行しようにも、馬が対応できず5着と、この馬の弱点がモロに出た一戦だった。だが宝塚記念では、気合をつけて序盤から好位を取ると、アッサリ楽勝。これで問題解消と思われたのだが、京都大賞典では早めにレースを進めるも5着。ジャパンCは一転、この馬に任せて後方からの競馬になると、全く抵抗も見せず15着に大敗と、完全にスランプに入ってしまった。中山は皐月賞、そして昨年の有馬記念を勝った得意コースで、時計のかかる馬場もプラス。巻き返せる条件は揃っており、あとは気持ちの問題だけだ。

トーセンジョーダン

 2年前の天皇賞・秋でレコード勝ちし、続くジャパンCでもブエナビスタの2着。昨年も天皇賞・春で2着と、G1で常に上位を狙える能力は持っている。しかし3歳時からの持病である爪の不安がつきまとい、順調に使い込めないのが悩みの種。そのため、なかなか調子も上がらず、大敗も目立っていた。過去の馬と忘れられたか、ジャパンCでも11番人気と支持は低かったが、久々に得意の先行力を発揮し直線も粘りに粘る。最後は3着も、勝ち馬からハナ、クビの接戦を演じた。ジャパンCや天皇賞など広いコースで結果を出しているように思えるが、中山コースも5戦3勝と適性は十分。久々のG1勝ちを狙う。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。