2013年12月15日(日)

11R

2013年12月15日(日) | 5回中山6日 | 15:25発走

第65回朝日杯フューチュリティステークス(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

アトム

 9月阪神のマイル戦でデビュー。ミッキーアイル(2戦目をレコード勝ち)、ライザン(2戦目を楽勝)と素質馬が集まった一戦だったが、ゴール寸前でミッキーアイルを捉え、初戦勝ちを収めている。続くデイリー杯2歳Sは、初戦とは一転ハイペース。さすがに追走に苦労する場面もあり、直線ではホウライアキコが完全に後続を突き放していた。しかし残り1F過ぎから徐々に差を詰め始め、クビ差まで追い詰めたところがゴール。2着に終わるも、末脚の確かさをしっかりアピールした。
 その後はラジオNIKKEI杯に進む話もあったが、朝日杯FSに矛先を変更。直前は豪快な調教を見せ、仕上がりは良好だ。中山マイルの適性は微妙だが、能力的にはトップクラスだろう。

ウインフルブルーム

 豪快なデビュー戦の勝利だった。中距離の新馬戦はスローペースが定番だが、それを許さず2番手で逃げ馬にプレッシャーをかけ、緩みの無いペースをつくる。これに耐えられない馬が続々と脱落し、直線は独り舞台の楽勝となった。この内容から野路菊Sでは1番人気。好位から抜け出し勝ったと思われた瞬間、大外からサンダラスが強襲。抵抗する間もなく2着に終わった。
 ここで休養を取り、3戦目は阪神マイルの千両賞。先手を取ると道中はマイペースで進める。直線で溜まった脚を解放させると、後続に3馬身差をつけての楽勝を決めた。
 持ち前のスピードは、中山マイルの朝日杯でも大きな武器となろう。

ショウナンワダチ

 11月の東京開催でデビュー。新馬らしくスローペースの流れを後方から進み、直線は大外に進路。厳しい展開だったが、これをモノともせず豪快な末脚を披露して差し切った。
 2戦目のベゴニア賞は、昨年ロゴタイプが勝ち、朝日杯FS、そして皐月賞に繋げたレース。今年も素質馬が集まる好メンバーとなり、その中で4番人気の支持を受けた。道中は初戦よりも更に下がり後方馬群に位置。18頭の多頭数で他馬をさばくのに苦労しそうなものだが、しっかり進路を見つけると、33秒6の末脚でごぼう抜き。初戦に続き、目の覚めるような末脚を発揮した。
 瞬発力はメンバーでも上位。あとは広い東京から中山に変わり、自信の末脚を発揮できるかが鍵になる。

ツィンクルソード

 兄にペールギュント、フェリシタルのいる良血で、6月阪神開催の目玉の一頭だったが、アクシデントでデビューは9月に伸びた。初戦の1200m戦は、中団からアッサリ抜け出して楽勝。昇級初戦のかえで賞でも2番人気に推されたが、道悪に苦しみ馬がなかなか進まず苦戦。直線で馬場のいいところを見つけて伸びたが、すでに遅く5着に敗れている。
 3戦目は1400mの500万下。道中かかり気味のところもあったが、うまくジョッキーが制御して直線を迎えると、混戦の2着争いを尻目に楽勝している。
 素質は通用するが、問題は折り合い。マイルに距離が延びるで、これをクリアしないと厳しくなる。

プレイアンドリアル

 公営の北海道競馬に所属し、デビューから2連勝。馬主である岡田繁幸氏の「コスモバルクを超える器」という発言から大きな話題になり、東京スポーツ杯2歳Sでは4番人気に支持。このレースにはイスラボニータ、サトノアラジン、ラングレーなど評判の良血馬が集まった。しかも初めての速い馬場への対応、北海道からの長距離輸送など不利な条件もあり、楽な競馬は望めなかった。
 しかしレースでは、緩みのないペースを好位追走し、直線では一旦抜け出し勝利も見えたのだが、内から進出したイスラボニータに捕まった。結果はクビ差の2着も、内容は勝ったに等しいもので、その能力は測り知れない。G1といっても、前走より相手はかなり楽になり、川崎競馬への移籍で遠征もよりスムーズになった。勝機は今回のほうが多いだろう。

ベルカント

 小倉芝1200mの新馬戦は、ゴール前持ったままで楽勝。小倉2歳Sでは1番人気に推されたが、ホウライアキコに捕まって2着。
 この内容で距離の不安が持たれたか、1400mのファンタジーSでは4番人気に甘んじた。レースはここまでと同じように、スピードの違いで先頭。直線に入っても脚色は全く衰えず、危なげなく逃げ切り勝ちを収めた。
 本来なら牝馬2歳チャンピオン決定戦の阪神JFへ向かうが、適性から阪神よりも中山コースが合うという狙いで、朝日杯FSに矛先を向けてきた。今年の2歳牝馬のレベルを考慮すれば、こちらのほうが正解かもしれない。内枠を引ければ、牡馬相手でも全くヒケを取らない。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。