2013年9月29日(日)

11R

2013年9月29日(日) | 4回中山9日 | 15:40発走

第47回スプリンターズステークス(GI)

芝・右・外 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9500、3800、2400、1400、950万円 | レコードが出たレース

グランプリボス

 2歳時に朝日杯FS、3歳時にはNHKマイルCと2つのG1を制したが、その後スランプに陥り、早熟馬との評価も出ていた。これを払拭したのが昨年の安田記念。13番人気とG1を2勝した馬とは思えぬ低評価だったが、これを嘲笑うように直線一気に伸び、ストロングリターンのクビ差2着と復活をアピールした。秋のマイルチャンピオンシップでも、大きな不利がありながらクビ差2着。今年は久々のG1制覇が期待され、安田記念では2番人気に推されたが、出遅れからリズムに乗れず10着と大敗した。初めての1200mは短いイメージがあるが、時折大敗する原因ともなっている折り合い難を抱えていることから、プラスになる可能性もある。末脚比べになれば出番だ。

サクラゴスペル

 昨秋から1600万の奥多摩S、オープン特別のラピスラズリS、G3のオーシャンSと3連勝。高松宮記念では、これまでに無い強豪相手ながら4番人気に支持された。4番手の好位置につけ、一時は抜け出そうとかという場面もあったが、最後はロードカナロアらG1の常連たちに交わされた。それでも結果は4着と好走。この勢いで臨んだ安田記念はマイル戦ということもあり16番人気だったが、ここでも一瞬インから見せ場をつくり5着入線。この2戦で更に評価を高めている。休養明けの朱鷺Sは2着に敗れたが、いかにも叩き台の雰囲気。目標へ向けて、更に仕上げは進んでいる。春は見せ場で満足したが、今度は結果を求めたい。

ドリームバレンチノ

 昨年のスプリンターズSは、この馬の立ち位置を一気に引き上げた。直線はカレンチャンとロードカナロアの新旧スプリントチャンピオン決戦。この2頭の戦いに割って入ろうとしたのが同馬だ。最後は3着になったものの、勝ったロードカナロアとはコンマ2秒差、2着のカレンチャンとはクビ差の好勝負だった。これがフロックで無いことは、その後のレースが証明。シルクロードSは58キロのハンデで勝利し、高松宮記念でもロードカナロアの2着と、確実にナンバー2の地位を確保している。この秋は、ナンバー1になるための戦いとなるが、近走成績はもう一つ。だが昨年もキーンランドC7着後に本番で3着に来ており、気にしなくていい。

ハクサンムーン

 スプリント路線で最も力をつけた馬は、間違いなくハクサンムーンだろう。デビュー前に坂路調教で50秒を切る猛烈な時計を出し話題になったが、この頃はそれだけスピードを制御できず、強いときもあればハイペースで玉砕することもあり、安定感が無かった。大きな変化を見せたのは高松宮記念。10秒台のラップを一度も出さずにスローペースを演出すると、直線も粘りに粘り3着。逃げ馬に不利な中京コースで大健闘を見せた。これが型に嵌り、アイビスサマーダッシュで楽勝。セントウルSでは、世界のスプリントチャンピオンのロードカナロアに約1年ぶりの土をつけた。スプリンターズSも、自分のペースで運べれば、再度ロードカナロア打倒も夢ではない。

マジンプロスパー

 スプリント路線では常連の一頭である。ただ頭角を現したのは遅く、5歳になってから。阪急杯で初めて重賞を勝ち波に乗ると、高松宮記念でも5着、続くCBC賞ではレコード勝ちを収め、重賞2勝目を飾った。この後二桁着順が3戦続いたが、今年に入って復調。阪急杯では2連覇こそならなかったものの、ロードカロアの少差2着に入った。高松宮記念は6着。マイラーズCは距離が長いと思われたが、完全な前崩れのレースの中、先行して粘り腰を見せ、結果は6着でも好内容のレースだった。マイルでこれだけ走れれば、得意な1200m戦は負けられない。CBC賞では、売り出し中のハクサンムーンを捻じ伏せ、2連覇を達成した。精神的に強くなり、最近は内から競馬ができるようになったのも強み。心身成長してG1も更に近づいた。

ロードカナロア

 昨秋のスプリンターズSから5連勝。その中味は高松宮記念、短距離世界王者決定戦の評価もある香港スプリント、さらにマイルにも挑戦して安田記念制覇とG1が4つ。もはや天下無敵の状態だ。それが、まさかG2で星を落とすとは……。前走のセントウルSは当然のように1.4倍の圧倒的な人気。楽々3番手を追走し、直線で逃げたハクサンムーンに馬体を併せにいったときは勝負あったと思われたのだが、なかなか差が詰められず、クビ差で2着に敗れた。しかし後続には3馬身半の差をつけており、自身も先を見据えて仕上がりが万全ではなく、心配することはあるまい。今度は仕上げも100%で来ると同時に、斤量差の不利も無くなる。本番こそが、この馬の本当の力を見られるときだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。