競馬 - 皐月賞 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年4月14日(日)

11R

2013年4月14日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第73回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

メイケイペガスター

 新馬勝ちの衝撃度は今世代でも屈指。超スローペースを後方から進み、直線は内を強襲。桁外れの脚でデビュー戦を飾り、デイリー杯でも堂々1番人気に推された。しかし道中抑えが利かず、チグハグな内容で大敗。この折り合い難が大きな弱点となって、今後も立ちはだかる。休養を挟んだ若駒Sでは終いに賭けて3着。叩いた共同通信杯では、全くかかることなくスムーズに好位につけ、あっさりと楽勝。これで不安は無くなったと思われたが、若葉Sでは抑えが利かず暴走。デイリー杯の悪夢が蘇る大敗となった。かからなければ共同通信杯が証明するように能力は高く、一発の可能性は秘めている。課題は折り合いだけだ。

レッドルーラー

 単純な上がり勝負になった新馬戦は惜敗したが、2戦目は楽勝。格上げ初戦の福寿草特別は極端な内有利の馬場だったが、脚質的に外を回らされ、直線詰めるもコンマ1秒差の4着。梅花賞でもコースロスのあるレースになったが、今度はしっかり差し切り。2400m2分27秒0の時計も優秀で、スタミナ戦なら上位の力があることを認識したレースだった。若葉Sは2000mの小回りコースと同馬には厳しい条件だったが、道中息の入りにくいラップ構成となり、スタミナも必要なレースに。こうなればチャンス到来、後方から大外を強襲し、鮮やかに皐月賞出走権を奪取した。皐月賞もハイペースになれば、一気に浮上する。

ロゴタイプ

 大崩れはしないものの、地味な内容に終始していた夏。それが休養を入れた秋には別馬のように変身していた。20キロ近く馬体を増やして迎えたベゴニア賞は、内から楽々抜け出しレコードで快勝。この内容にもかかわらず、朝日杯FSは不利な外枠で、7番人気と低評価に甘んじた。そんな不利な枠にも負けず、早めのペースを強気に先行。直線は圧倒的人気のコディーノが迫ったが、最後まで抜かせず、2歳チャンピオンに輝いた。強すぎたマイル戦の内容から距離延長が心配されたが、1800mのスプリングSでは4角先頭の強気な競馬で押し切り、距離不安も払拭した。マークを受ける厳しい立場だが、他の有力馬に比べ、脚質など優位な点は多い。

コディーノ

 例年以上に馬場が良かった昨年の札幌。それでも小回りの札幌コースの洋芝で、初戦から33秒台の脚を披露したのは驚異的。この一戦で、この馬の将来は約束された。札幌2歳Sでは3番人気に甘んじたが、新馬同様直線に向くと矢のような伸びで、斬れ者のラウンドワールドを寄せ付けず快勝。東京スポーツ杯では、1800m1分46秒0という出色の時計で重賞2連勝を果たした。朝日杯FSでは当然のように1番人気に推されたが、これまでと違い脚を溜める場面の無いまま直線に向くと、いつものように弾けず2着に終わった。弥生賞も3着に終わったが、調教、レース内容から叩き台の感が強い。東スポ杯だけ走れば勝機は高い。

エピファネイア

 日米オークスを制した名牝シーザリオの仔として早くから評判になっていた。デビュー戦は熱発の影響で微妙な態勢も、そんな不安が嘘のような圧勝劇で一躍注目を集める存在になった。圧倒的人気になった京都2歳Sは内から抜け出すと、最後は抑えての楽勝。キズナとの無敗対決が話題になったラジオNIKKEI杯2歳Sでも、超スローペースを3番手から抜け出し、無傷の3連勝を果たした。久々の弥生賞は、主戦の福永騎手が騎乗停止のためビュイック騎手に乗り変わり。この影響もあったのか、不安視された折り合い難が露呈し早めに進出、最後は脚を無くし4着と初敗戦を喫した。本番は福永騎手が騎乗。叩いた効果もあり、前回とは違うはずだ。

カミノタサハラ

 兄に活躍馬が並ぶ期待の良血馬も、ゲート難など課題も多く、陣営が半信半疑で送り出した新馬戦。これを荒削りな内容で勝利し、高い素質を見せ付けた反面、本格化は遠く感じさせた。実際ホープフルSもエンジンがかかるのが遅く3着まで。だが広い東京コースでは持ち前の末脚を駆使し、500万平場戦を勝利。迎えた弥生賞は、負けたホープフルSと同じコース。不器用な同馬には厳しい条件だったが、鞍上の内田博騎手がまくるように大外から進出。馬もこれに応え、直線で更にもう一伸びすると、コディーノ、エピファネイアらクラシック候補が競り合う外を抜き去った。変わり身の余地も多く、まだまだ伸びる器だ。

フェイムゲーム

 デビュー2戦は上位人気を裏切る結果だったが、3戦目で変身。中団から抜け出すと、2馬身半差をつける楽勝。中山2000mのヤヤ重馬場で2分2秒7もなかなかの好タイムで、評価は上昇した。この内容に自信を持ったか、自己条件を飛び越えG3の京成杯に挑戦。ここでも中団から早めに追い上げると、直線半ばで先頭。迫るアクションスターをクビ差退けた。続くスプリングSも序盤はゆっくり追走。だが、いつものように動かず直線勝負に出たが、4着まで追い詰めるのが精一杯。脚を余す形での敗戦で、着順以上の評価が必要だ。兄は中山の重賞を勝ちまくったバランスオブゲーム。血統背景も後押し、兄の果たせなかったG1制覇に挑む。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。