2013年1月20日(日)

11R

2013年1月20日(日) | 1回中山7日 | 15:35発走

第54回アメリカジョッキークラブカップ(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 | レコードが出たレース

アドマイヤラクティ

 安定感は抜群で、3歳秋以降は11戦連続で3着以内を確保している。一時は勝ち味に遅いところもあったが、昨春に1000万、1600万クラスを連勝した頃から確実にパワーアップ。降級初戦の垂水Sこそ2着に敗れたが、休養明けの古都Sで勝利を挙げオープンクラスに昇級。アンドロメダSでは、後方から追い込み3着に入線している。初めての重賞挑戦となった金鯱賞でも、いつものように直線で豪快に伸び、勝ったオーシャンブルーからコンマ2秒差の3着と惜しいところまで迫った。中山コースは昨春に2連勝しており、適性は文句なし。近走成績から、いつでも重賞を勝てるだけの脚は見せており、ここも上位争いは必至だ。

ゲシュタルト

 3歳時から活躍し、スプリングS2着、京都新聞杯は1着。そしてダービーでも4着と善戦した。このときの1〜3着は、エイシンフラッシュ(天皇賞秋)、ローズキングダム(ジャパンC)、ヴィクトワールピサ(ドバイワールドC他)で、5着も海外G1勝ちのルーラーシップ。ライバルの活躍を考えると、これ以降一度も勝ち星が無い同馬の成績は少々物足りない。しかし一時の低迷からは抜け出し、重賞も2着までは来ている。中山2200mは、昨年のアメリカJCCで3着、オールカマーで2着と好走実績があり、勝った京都新聞杯も2200m。これらを考えると、今回のコースは特に適性が合っていると思われる。休養明けも結果を出しており心配ない。

サトノアポロ

 半姉に阪神JF2着のダノンベルベールがおり、血統的にも期待が高かったが、若い頃は体質が弱く休養が多かった。ようやく順調に使えるようになったのは、4歳の夏から。体がしっかりしてきたことで成績も上昇し、500万、1000万特別を連勝した。特に1000万の習志野特別は、好位置につけた馬が残る展開を、唯一後方から差し切り。他馬とは1秒近く違う上がり時計で、能力の違いをまざまざと見せつけた。格上げ初戦は3着に敗れ、3連勝とはならなかったが、クリスマスCはいつもより早めに仕掛けて勝利。モタモタしていた以前とは違い、あっという間にオープン馬の仲間入りを果たした。メンバー中一番の上がり馬で、その勢いは脅威だ。

ダノンバラード

 出世レースとして名高い菊花賞デーの新馬戦を快勝。ラジオNIKKEI杯2歳Sも勝ち、クラシックの有力候補に挙げられた。皐月賞では3着し、ダービーも期待されたが、脚部不安から直前回避で夢破れた。その後は好戦するものの、なかなか勝つことができず、やきもきするレースが続いたが、降級した関が原Sで久々の勝利。カシオペアSでは4コーナー16番手からのごぼう抜きで2着に入ると、アンドロメダSではハナ差凌いで1着。勝ち癖もつき、いよいよ真価を発揮するときと思われたのだが、金鯱賞は2番人気で8着と期待を裏切ってしまった。ただ逃げ戦法が合わなかった感もあり、いつもの競馬に戻れば巻き返しは期待できる。

トランスワープ

 昨年の充実振りは見事なものだった。1月から2連勝して条件クラスを卒業。福島民報杯8着、福島テレビオープン3着と、2戦連続1番人気を裏切ったが、函館記念では中団から抜け出し、初めての重賞挑戦でタイトルを獲得した。続く新潟記念も、ゴール前で6頭が並ぶ大接戦をクビ差制し、重賞2連勝。この勢いでG1の天皇賞に挑戦したが、さすがに夏の疲れと、一気のメンバー強化が厳しかったか17着と大敗している。今回は、間隔を開けてリフレッシュしてのレースで、前走とはデキが違う。快進撃が始まった昨年の今頃は1000万クラス。重賞勝ち馬の立場になった今年も、ここから快進撃をスタートし、まずは重賞3勝目を目指す。

ルルーシュ

 デビュー時から大きな期待をかけられていたが、弱いところもあって3歳時はほとんど休養。そのかいあって、しっかり馬ができ上がって来た昨年春からは、休みなく順調に使われている。1番人気に推されたオールカマーを4着に敗れたときは、人気先行のイメージを濃くさせたが、それを払拭したのがアルゼンチン共和国杯。長距離戦にしては緩みのない厳しいペースを積極的に前で進めると、直線でも全く脚色が乱れることなく、2分29秒9の好タイムで圧勝。ようやく期待に結果が追いついてきた。有馬記念では8着に敗れたが、気負ったレースで息が持たなかった面もあった。自分のペースでいければ、ここは勝てるメンバーだ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。