2013年11月3日(日)

11R

2013年11月3日(日) | 5回東京2日 | 15:35発走

第51回アルゼンチン共和国杯(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

アスカクリチャン

 3歳末までは13戦1勝と目立たない戦績だったが、4歳になって覚醒。この年に4勝し、5歳になった京都金杯からは2走前のオールカマーまで、13戦連続で重賞レースに出走している。昨年の七夕賞では14番人気の低い支持だったが、トーセンラーをハナ差抑えて初重賞勝ちを決めている。
 それ以来勝利から遠ざかり、掲示板にも載れない時期があったが、この夏から復調。函館記念はトウケイヘイローの3着。札幌記念では、極悪馬場に他馬が苦しむのを尻目に2着入線。どちらも8番人気という低評価を覆し、上位入線を果たした。前走はオープンクラスに入って初めて重賞以外のレースに出走。59キロながら少差の4着と力を示した。好調の今こそ、久々の勝利を掴みたい。

アドマイヤラクティ

 初めての重賞挑戦となった金鯱賞、続くアメリカJCCで3着と好走し、迎えたダイヤモンドSでは1番人気の支持。持ち前のスタミナを生かそうと鞍上の内田博騎手が早めに動き出すと、馬もこれに応えて馬場の中央から堂々抜け出し、2馬身半差の快勝。この内容から天皇賞・春でも4番人気に推され、4着と善戦。圧倒的人気のゴールドシップに先着して見せた。
 ただ激戦続きの疲れが出たか目黒記念では珍しく大敗。夏を休養に入れ、秋初戦の京都大賞典では4着で、再度ゴールドシップに先着し、好調時に戻りつつある。叩いた良化も窺え、2つ目の重賞タイトルも近い。

エックスマーク

 2歳春の時点で、角居厩舎でも一番の期待馬と噂されたほどの評判馬だったが、アクシデントでデビューが延期。これが尾を引いたのか、しばらくは高い期待に反し、結果が遠く及ばなかった。
 陣営が無理せず、馬に合わせてじっくり作ってきたのが功を奏したのか、ここへ来てようやく素質が開花し始めた。2走前の阿賀野川特別は、休養明けの不利をものともせず接戦を制すると、レインボーSでは厳しい状況から脚を伸ばし、ディサイファをクビ差捉えて2連勝。いよいよ待望のオープンクラスに入ってきた。ここまでも十分頑張ってきたが、高い期待に応えるのは、むしろこれから。ハンデ差を生かして、初めての重賞も、素質と勢いで突破したい。

デスペラード

 ダート戦を中心に活躍していたが、昨秋久々に使った芝の八坂Sで大変身。32秒8の驚異的な末脚で快勝。これ以降は芝を主戦場に求めている。今年は、年明け早々にオープン特別の万葉Sを快勝。阪神大賞典ではゴールドシップの2着に入り、天皇賞・春にも挑戦。結果は9着も、大きな経験となった。
 夏は休養に入れ、京都大賞典はマイナス16キロ。仕上がり、体調ともに不安があったが、案の定10着と大敗を喫している。その後は馬体も回復傾向にあり、体調はアップしている。元より目標は叩き2戦目のアルゼンチン共和国杯。京都大賞典の前から横山典騎手を確保と、ここへの準備は早くから進んでおり、陣営の勝負気配はひじょうに高い。

ムスカテール

 かつては左回りのほうが断然走りがいいと言われていたのだが、今年に入って日経新春杯で2着、日経賞でも3着と右回りでも好走。このあたりに更なる成長が見受けられる。とは言っても、適性で言えばやはり左回り。目黒記念では、直線で脚を伸ばし、東京芝2500mを2分29秒6のレコードで快勝。前年のアルゼンチン共和国杯で敗れたルルーシュを逆転した。
 この秋はオールカマーを叩いて、狙い通りの2戦目。東京の長距離戦は、ここで挙げた目黒記念、アルゼンチン共和国杯を含め3戦2勝、2着1回と連対率100%。ここも好勝負は必至だ。

メイショウナルト

 早くから高い能力を見せつけ、クラシック候補の一頭に数えられていたが、気性難がレースにも悪影響を与え長きに渡って低迷。そのため去勢手術を施し、長期休養に入った。これが大きかったか、復帰後は大変身。条件戦を連勝し、1600万の関ヶ原Sでは2着に敗れたが、条件馬の身で果敢に小倉記念に挑戦。好位から早めに進出し、4コーナーで先頭に立つと楽々ゴール。レコードタイムであっさり重賞タイトルを勝ち取った。
 前走のオールカマーでは斤量が3キロ増。中間アクシデントもあり、不安な材料もあったが、そんな状況でも2着を確保。もう重賞の常連になることは間違いない。今回は初めての長距離戦だが、前走同様不安材料を打ち破れるだけの力はある。

ルルーシュ

 デビューから3戦2勝でクラシックも期待される逸材だったが、その後に1年以上の長い休養。復帰後は一戦おきに勝利を積み重ね、昨年のアルゼンチン共和国杯では2番人気。早めのペースを先行する厳しい展開だったが、最後まで脚色は衰えず、ムスカテール以下を抑えレコード勝ち。いよいよ素質を満天下に示すときが来た。そんな期待を背負った有馬記念は8着に敗退。アメリカJCCも人気を裏切り大敗した。
 それでも目黒記念では2番人気の高い評価と、ファンはこの馬の力を信じていた。馬もこれに応え、レコードタイムの2着と力を誇示した。極悪馬場の札幌記念を叩き、ここは最高の力を発揮してきた得意のコース。2連覇は目前だ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。