競馬 - 天皇賞(秋) - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年10月27日(日)

11R

2013年10月27日(日) | 4回東京9日 | 15:40発走

第148回天皇賞(秋)(GI)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13200、5300、3300、2000、1320万円 | レコードが出たレース

コディーノ

 2歳時は4戦3勝で、敗れたのはG1朝日杯FSの2着のみ。当然のことながらクラシック候補の上位に挙げられていたが、3歳になってからは、まさかの未勝利と苦しんでいる。その原因となっているのが折り合い難。弥生賞、皐月賞と3着に敗れ、ダービーを迎えた陣営は、東京競馬場に他馬より早く入厩させ、馬を落ち着かせることを図った。それでも折り合いを欠き9着と、初めて大きく崩れる結果となった。
 夏を越え、気性の成長は見られたのか。そこが注目された毎日王冠だったが、超スローペースを後方で抑えられていたことから、折り合いは大丈夫だったようだ。しかし出遅れたのはマイナス。本番では相手も強くなるので、こうしたロスは命取りになる。

エイシンフラッシュ

 光り輝いた3歳春から約2年半。勝ち星に見放されたダービー馬が、久しぶりに光を放った昨年の天皇賞・秋 。鞍上のデムーロ騎手が思い切って最内に入れると、前方12頭をごぼう抜きし、鮮やかな差し切り。苦しんでいたのが嘘のような、爽快な勝利だった。その後も、有馬記念で見せ場をつくっての4着。今年も順調で、大阪杯はオルフェーヴルからコンマ1秒差の3着。香港のクイーンエリザベス2世Cでも3着に入線している。そして前哨戦の毎日王冠では、好位から上がり32秒8の末脚を駆使して快勝。秋も好調を維持している。
 昨年の毎日王冠は9着、今年は1着と臨戦過程は今年のほうが上。今年もデムーロ騎手を鞍上に迎え、2連覇は射程圏内だ。

ジャスタウェイ

 ここまで重賞勝ちはアーリントンCだけ。しかし重賞2着は5回もあり、ゴール前で見せる桁外れの脚は、とても重賞1勝馬のものではない。特に近走3戦は非常に安定しており、エプソムCでは32秒7の脚で、勝ち馬クラレントにハナ差迫る惜しいレース。関屋記念では、レッドスパーダが逃げ切った展開を15番手から追い込んで2着。毎日王冠では、またも32秒台の脚を繰り出し、G1を2勝しているエイシンフラッシュの2着と、内容は重賞勝ちに等しいものばかり。結果だけなら2着続きと物足りないかもしれないが、中身はG1を狙う馬に相応しいものだ。
 ここまで6回騎乗し、全勝利の2勝、2着3回と、相性のいい福永騎手が乗るのは強い味方だ。

ジェンティルドンナ

 3冠牝馬に輝き、ジャパンCではオルフェーヴルをねじ伏せ、もはや歴史的名牝の一頭に数えて良かろう。ただ今年は、快進撃だった昨年に比べ苦しい戦いが続いている。ドバイで行われたシーマクラシックでは惜しくも2着。宝塚記念は1番人気に推されたが、良馬場発表とは思えぬ重い馬場に苦しみ、直線で伸びあぐねた。ゴールドシップに負けたのは仕方ないが、目前のダノンバラードを捕まえ切れず3着に終わったのは、少々物足りないところ。新馬で負けた時もそうだったが、どうも道悪は良くないようだ。
 天皇賞・秋はブッツケとなったが、9月の頭から時計を出しており、仕上がりは悪くない。台風の影響により、どこまで馬場が悪くなるのか。そこが鍵になる。

トーセンジョーダン

 共同通信杯で、蹄から血を噴き出しながら2着と善戦。そこまでの内容も含め、クラシック候補のトップクラスにも挙げられていたが、結局この怪我が原因で休養入り。ここから爪の不安との戦いが始まる。高い資質があることは誰もが認めていたが、それを発揮しようとすると、また休養。この苦しみから解放されたのが一昨年の天皇賞・秋である。G1勝ちを1分56秒1のレコードで飾り、ようやく能力に結果が追いついた。その後も天皇賞・春で2着など活躍はしていたが、相変わらず爪の影響で、休養が多いのは残念。
 ここは札幌記念以来の一戦だが、中間はしっかり乗り込まれ、先週は併せ馬で好時計を出し先着。能力さえ出し切れれば、勝っても不思議ない。

トウケイヘイロー

 今年、古馬で最も成長した馬と言えるのが同馬。転機は鳴尾記念だ。予定していた安田記念を使えず代わりに使ったレースだったが、いつものかかり癖が見られず、スムーズな競馬。直線でも脚色が乱れず楽な逃げ切りと、これまでのトウケイヘイローとは全く違う馬を見るような変身だった。これがフロックでないことは、函館記念の逃げ切りで証明。さらに札幌記念では、極悪馬場にもめげず、6馬身差の圧勝。その勢いは止まることを知らない。
 今回と同じ2000mで重賞3連勝。しかも同じ逃げ切りながら、ペース、馬場とどれも違う性質の内容で勝っており、スピードを生かせる馬場でも、道悪でも対応できるのは強み。新たな中距離王誕生の予感だ。

ヴェルデグリーン

 500万クラスで燻っていた時期もあったが、今年に入って大変身。500万の平場を勝つと、1000万の調布特別、1600万の常総Sと3連勝し、瞬く間にオープンクラスに突入。この勢いを買われ、初めての重賞挑戦となった新潟大賞典でも5番人気に推されたが、10着と大敗。ここで一呼吸入れるため休養に入っている。秋初戦のオールカマーは、前走の大敗で9番人気にまで支持は下がっていた。道中はこれまでよりも後方に位置し脚を溜めると、メンバー唯一の33秒台の末脚で大外から進出。メイショウナルトをクビ差捉えて、金星をあげた。
 新馬を勝った頃は、将来を嘱望されていた馬。まだまだ上昇一途にあり、前走以上の大金星を期待したい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。