sportsnavi

2013年6月2日(日)

11R

2013年6月2日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第63回安田記念(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

カレンブラックヒル

 昨年の春はデビューから4連勝でG1のNHKマイルCを制覇。勢いは秋になっても衰えず、毎日王冠を勝ち、天皇賞秋でも外枠と先行馬に厳しいハイペースながら5着に善戦した。充実の4歳を迎え、マイルの主役を張ると見られていたのだが、思わぬところで躓いた。初めてのダート挑戦となったフェブラリーSでは1番人気に推されたが、追走に苦労し、いつものスピードが見られず直線は失速、15着と大敗した。芝なら大丈夫と、マイラーズCでも1番人気になったが、ここでもいつものスピードは無く、3番手追走も楽には見えない。やはり直線では余力が無く、4着に敗れた。能力はこんなものではないはず。春の最大目標だったここで復活を果たしたい。

グランプリボス

 2歳時に朝日杯FS、3歳春にはNHKマイルCを勝ち、順調にマイルチャンピオンへの道を歩んでいたが、夏に海外遠征をしたあたりから突然成績が崩れ出し、長いスランプに陥った。そんな泥沼から抜け出したのが昨年の安田記念。13番人気にまで評価が落ちていたが、中団から豪快に伸び、ストロングリターンの2着。これで復活すると、秋のマイルCSでも直線で大きな不利がありながら、これに怯まず追い上げ、サダムパテックの2着と好走した。この後、香港遠征で惨敗。過去の悪夢がよぎったが、それを払拭したのが前走のマイラーズC。主戦の内田博騎手が騎乗せず、叩き台のイメージが強かったが、見事な差し切り劇で勝利を掴んだ。久々のG1勝利は目前だ。

サダムパテック

 今はマイル路線を走っているが、かつてはクラシックの王道路線を突き進み、皐月賞ではオルフェーヴルを差し置いて1番人気に推されていた頃もあった。その皐月賞では2着し、ダービー7着、菊花賞5着と3冠でも善戦はしたが、距離が延びて成績が落ちたのは明白。そこで古馬になると、マイル以下のレースを選択するようになった。昨春の京王杯SCでは、これまで走ったことの無い1400mで重賞勝ち。秋は天皇賞を叩いて大目標のマイルCSへ。武豊騎手の好 騎乗もあり、内から抜け出して初めてのG1勝利を掴んだ。今年は5か月の休みを入れてリフレッシュ。休養明け2戦目でマイルCSを勝った昨秋と同じ流れで、二つ目のG1を狙う。

ショウナンマイティ

 デビュー時から折り合いに苦労し、最後方からの競馬を余儀なくされている。それでも成績が安定しているのが、この馬のポテンシャルの証明。中距離に絞ってからは、7戦連続して3着以内。昨年の宝塚記念ではオルフェーヴル、ルーラーシップに続く3着に入り、存在感を誇示した。その後はアクシデントもあって7か月以上の休養。久々の京都記念では、懸念されていた折り合い難が露呈したが、何とか3着を確保。大阪杯ではしっかり折り合いがつき、断然人気のオルフェーヴルに半馬身まで迫った。初めてのマイル戦でついていけるか不安もあるが、ペースが上がり、折り合い安くなるのはプラス材料。相手を考えれば、ここがG1を勝つ一番のチャンスかもしれない。

ダークシャドウ

 一昨年の充実ぶりは目を見張るものがあった。1000万条件を勝ったばかりで挑戦した大阪杯は、G1クラスの馬を相手にハナ差2着の好走。その後エプソムC、毎日王冠を連勝し、天皇賞秋ではトーセンジョーダンの2着と、いつでもG1に届きそうな位置につけていた。それが昨年になると、重賞2着は2回あるものの勝ち星は無し。天皇賞秋、ジャパンCと4着に善戦しているのだが、期待を考えると、もう一つ物足りない。今年も初戦の大阪杯で5着に敗れると、心機一転、ここまで使ったことの無いマイル戦に矛先を変えてきた。能力的にはG1を勝てる馬だし、東京コースもベスト。1800m戦は重賞2勝しており、あと1Fの距離短縮に何とか対応したい。

ロードカナロア

 5連勝で迎えた昨年の高松宮記念は同厩のカレンチャンに屈したが、スプリンターズSでこれを抑え、ついに逆転。この勢いで香港スプリントに挑戦する。世界レベルのA級スプリンター相手にどこまで健闘するかが注目だったが、全く相手を問題にせず楽勝。こうなると国内戦は楽なもの。阪急杯をあっさり勝つと、高松宮記念も中団から差し切り勝ち。もはや1200戦では敵無しの状態だ。そこで陣営が考えたのがマイルへの挑戦。デビューから2戦目のジュニアC以来となるが、このときは2着に敗れている。しかしこれは、まだ力をつけ切っていない頃のもの。本格化した今、久々のマイル戦も乗り越えてしまう可能性もある。短距離王からマイル王へ、更に躍進する。

ヴィルシーナ

 昨年はG1で2着が4回。今年は何よりもG1優勝が悲願になっていたのだろう。それを物語るのが今年初戦の大阪杯。休養明けにもかかわらず、今までに無いほど調教が軽く、完全にG1のヴィクトリアマイル一本に調整されていたことが分かる。その大阪杯は6着。これを叩き、目標に向けて順調に調整されて迎えたヴィクトリアマイル。ペースが早くないと見て、積極的にレースを進めて直線へ。一時はモタつき、またしても勝てないかと思われたが、ここから内田博騎手が叱咤すると、馬もこれに応え二の脚を使って伸びる。外から前年の覇者ホエールキャプチャが襲い掛かるもハナ差抑えて、ついに念願のG1ウィナーに輝いた。安田記念ではG1連勝を狙う。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。