sportsnavi

2013年5月12日(日)

11R

2013年5月12日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第8回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 |

サウンドオブハート

 阪神JFで1番人気に推され(3着)、その後も順調に勝ち星を積み上げたが、オープン特別で4勝するも、重賞勝ちは無し。今時珍しいオープン大将だったが、ようやく重賞タイトルを掴んだのが前走の阪神牝馬S。道中は中団につけると、直線では圧倒的人気のハナズゴールを一瞬のうちに置き去りにし、あっという間に先頭。イチオクノホシが強襲するも、これをクビ差抑えた。着差こそ少差だが、完勝と言っていい強い内容だった。これまでG1は2度挑戦しているが、3着の阪神JF、4着の桜花賞と善戦しており、格負けはしていない。当時より瞬発力に磨きがかかった今なら、一気にG1タイトル奪取も夢ではない。東京マイルの舞台も合っている。

ジョワドヴィーヴル

 母はG1馬のビワハイジ、姉に名牝ブエナビスタとくれば期待されて当然。これに応え、初戦からモノの違いを感じさせる内容で勝利。2戦目には強気にG1阪神JFへ向かうと、ケタ外れの末脚で後続を2馬身半突き放し、圧倒的な差を見せつけた。しかし小柄な馬体は、レース後に400キロ台まで落ちるような事態にもなり回復に苦労。その影響もあったのか、チューリップ賞では420キロで出走できたものの3着。桜花賞も6着と大敗した。レース後には骨折も判明し、約10か月の休養。久々の京都記念では、初めての強豪牡馬陣を相手に歯が立たず7着。一叩きされた中日新聞杯も6着だったが、コンマ4秒差と確実に前進している。2歳時の末脚をもう一度見たいものだ。

ドナウブルー

今となってはジェンティルドンナの全姉という紹介だが、デビュー前の評判なら、こちらのほうが高かったほどの逸材。だが体質の弱さから馬体が減っていき、折り合い難も重なって、序盤は期待ほどの結果を残せなかった。古馬になってからも馬体の乱高下は見られたが、折り合い難のほうは徐々に解消されると、成績もアップ。昨年のヴィクトリアマイルでは、2番手から粘りこみ2着。秋のマイルチャンピオンシップでは、牡馬の一流マイラーを相手に大善戦し、3着と好走した。今年に入ってからは2戦ともに10着。ただ前走は勝ち馬からコンマ5秒差と、着順ほどは負けていない。素質からG1を勝っても不思議ない馬。先行有利の展開になれば一発ある。

ハナズゴール

 ジェンティルドンナの3冠が一番危なかったのは、ハナ差の秋華賞。しかし、この馬が桜花賞に出走していれば、そこが最大の危機だった。そう思わせるほどの可能性を感じさせたのがチューリップ賞だ。ジェンティルドンナ、ジョワドヴィーヴルの存在感を消すほどの豪快な末脚で圧勝。このレースで、桜花賞候補の筆頭に推す関係者も多かったのだが、レース直前にアクシデントが発生し、無念にも回避となった。その後は体質の不安から不調期もあったが、年末のリゲルS快勝で復活。京都牝馬Sも強烈な末脚で他馬を子供扱いした。阪神牝馬Sは不発に終わったが、雨の影響もあったようだ。広い東京コースで改めて見直したい。

ホエールキャプチャ

 2歳時には芙蓉Sでオルフェーヴルを破り、3歳時もG1こそ勝てなかったが、ローズSを勝ち、桜花賞2着、オークス3着、秋華賞3着と牝馬3冠路線の中心の一頭として活躍した。なかなか勝てなかったG1についに手が届いたのは、昨年のヴィクトリアマイル。3番手から抜け出すと、ドナウブルーを半馬身抑えて、ようやく目標にたどりついた。この一戦に賭けたものがよほど大きかったのか、以降の5戦は全て二桁着順と、かつての安定感が嘘のように消えうせてしまった。前走の阪神牝馬Sでも、勝ち馬から離された14着と全く抵抗せず大敗している。ただ積極的な部分は戻ってきており、徐々にだが上昇傾向はある。何とか昨年の輝きを取り戻してもらいたいものだ。

マイネイサベル

 新潟2歳Sを勝ち、3歳時はクイーンC、ローズSで2着。4歳秋には府中牝馬S優勝と、この馬が走れるのは広いコースのみ。直線の短い小回りコースでは得意の差し脚が生かされず、不器用な面も目立っていた。そんな過去を覆す競馬を見せたのが中山牝馬S。3コーナーから少しずつ進出すると、直線で猛襲。前が残る展開を物ともせず、粘り込もうとするスマートシルエット以下をあっさり交わし、勝利をモノにした。福島牝馬Sも小回りコースだが、ここでも3〜4コーナーで少しずつ番手を上げ、直線でエンジン全開。しっかり2着に伸し上がった。確実に成長を見せている上に、今回はベストの東京コース。得意の末脚が唸りをあげる。

ヴィルシーナ

 クイーンC勝ちを含む4戦3勝の成績でクラシックに臨んだ昨年。初戦となった桜花賞から、まさか5戦連続で2着が続くとは…。大きな壁となって立ちはだかったのがジェンティルドンナで、桜花賞、オークス、ローズS、秋華賞と4戦に渡って同馬に敗れた。しかし秋華賞ではハナ差に追い詰め、初めて接戦に持ち込み、確実に差は詰めている。ジェンティルドンナ不在の秋華賞は大きなチャンスだったが、道悪に泣かされレインボーダリアの2着と、どうにも運が無い。今年は悲願のG1制覇が最大目標。大阪杯は、この馬には珍しく崩れたが、元々調教内容も軽く、叩き台のイメージが強かった。もちろん今回は前走とは全く違う仕上がり。今度こそ決めたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。