競馬 - フェブラリーステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年2月17日(日)

11R

2013年2月17日(日) | 1回東京8日 | 15:40発走

第30回フェブラリーステークス(GI)

ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9400、3800、2400、1400、940万円 |

イジゲン

 デビュー2戦目のダート戦を出遅れながら、大外をまくって圧勝すると、続くレースも同じような内容で2連勝。荒削りながら凄まじい破壊力を示し、一躍ダート界のヒーロー誕生を予感させた。ただ出遅れに大まくりと無駄の多い競馬は、さすがに相手が強くなると厳しく、取りこぼすシーンも見られるようになった。だが昨秋の武蔵野Sでは、大きく出遅れながら、鮮やかに抜け出して快勝。ジャパンCダートも期待されだが、いつものように出遅れ、まくるように上がって行ったが、最後に息切れして失速、15着と大敗した。不器用なタイプで、コーナー2つのコースに変わるのはプラス。これを利して巻き返したい。

エスポワールシチー

 3年前のフェブラリーSの覇者。同レースのほか、ジャパンCダート、かしわ記念3回など、交流レースを含めG1を7度制覇。長きに渡ってダート界を引っ張ってきた古豪である。しかし最近はさすがに衰えも見え、昨年のフェブラリーSは、3番人気に推されるも5着。3走前には南部杯を4馬身差の圧勝で復活をアピールしたが、ジャパンCダートでは、前が残る展開にもかかわらず早々と失速し、10着に大敗してしまった。巻き返しを期した東京大賞典は、スタートで躓き、後方から進む不本意な展開。結局、勝ち馬から離れた5着に終わっている。昨年快勝した南部杯、かしわ記念と同じマイル戦に戻ることで、持ち味のスピードが生かしたい。

カレンブラックヒル

 デビューから3連勝した後、G1のNHKマイルCでも、大激戦となった2着争いを尻目に3馬身半差の楽勝と、春は敵無しの状態。秋は中距離路線へ進み、毎日王冠で初めて古馬との対戦。緩み無いペースを2番手で進めたため、さすがに最後は詰め寄られたが、クビ差残して無敗の5連勝を達成した。古馬の一流馬を相手にした天皇賞秋では、不運にも不利な大外枠。しかも差し馬が上位に台頭する苦しい展開ながら、先行して5着に踏ん張り、改めて高い能力を見せつけた。ただ今回は初のダート戦。これまで幾多の芝馬が、このレースで人気になって敗れている。この難題をクリアできるか楽しみである。

グレープブランデー

 3歳時に大井のジャパンダートダービーを制し、大きな期待をかけられていたが、その後長期休養。この影響が大きかったか、復帰後はオープン特別の阿蘇Sこそ勝ったものの、期待に応える結果は残せていなかった。しかし2走前のジャパンCダートで一変し、中団から脚を伸ばし5着入線。ワンダーアキュートやローマンレジェンドといった一流馬と差のない競馬をした。この勢いで、前走の東海Sは中団から抜け出すと、2着に3馬身差をつける楽勝。もう3歳時のデキに戻ったと考えてよかろう。東京ダートのマイル戦は、ユニコーンSで2着と適性は十分。ジャパンダートダービー以来のG1のチャンスが、久々に巡って来た。

シルクフォーチュン

 まるで芝のレースのような瞬発力を発揮するが、かつてはそれが1200mに限定されていた。キャリアを積むにつれ、それが1400mでも使えるようになり、昨年のフェブラリーSでは、追い込んで2着。ついにマイル戦でも、威力を発揮するようになってきた。昨年は春以降、不振が続いていたが、前走のカペラSでは、短い中山ダートコースをものともせず、後方から直線一気。久々にこの馬らしい末脚を披露し、豪快な差し切り勝ちを演じた。その後は、昨年制した根岸Sに目もくれず、フェブラリーS一本に絞って調整。本気度は昨年以上と考えていいだろう。前走から横山典騎手が鞍上と強い味方も得て、初めてのG1制覇はいよいよ目前に迫った。

テスタマッタ

 素晴らしい末脚を持ち、3歳時にはジャパンダートダービーを制したが、その反面、折り合い難を抱え、走りが安定しない。しかしジャパンダートダービーの時に騎乗した岩田騎手を主戦にしてからは一変、成績が安定するようになった。そして昨年のフェブラリーS。後方で脚を溜めると、大外から強襲し、JRAでは初めてのG1を制した。前走の根岸Sは、いかにも叩き台の雰囲気が強かった上に、59キロの斤量もきつかったが、直線では一瞬あわやという脚を見せ、存在感をアピール。本番は鞍上が岩田騎手に戻り、斤量も他馬と同じ57キロと、有利な面が増える。プラス材料を並べての出走で、2年連続制覇への準備は整いつつある。

ワンダーアキュート

 3歳秋の重賞2連勝以来、3年以上に変わってダートのトップクラスの地位を確保している重鎮である。特に昨年秋は、JBCクラシックを制し初めてG1を勝つと、ジャパンCダートでは2着。更に東京大賞典3着、川崎記念2着と、G1で立て続けに好走。ますます盛んな活躍を見せている。マイル戦の経験が少ないことを懸念する声もあるが、フェブラリーSは昨年3着と好走。3歳時には、同じコースの武蔵野Sを好タイムで勝っており、十分対応できる。馬体重の乱高下が激しいが、結果を見る限りこれに左右されている面は見られず、気にすることはあるまい。ただG1で連戦が続いており、少々疲労が気になるところではある。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。