競馬 - マイルチャンピオンシップ - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年11月18日(日)

11R

2012年11月18日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第29回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

アイムユアーズ

 2歳時にはファンタジーSを勝ち、函館2歳S、阪神JFで2着。3歳になるとフィリーズレビューを勝ち、桜花賞でも3着と好走した。しかしオークスは、2400m。マイル戦までしか経験が無いうえに、1400mの重賞で2勝しており、距離延長を疑問視する向きもあったが、4着と善戦。同馬のポテンシャルを再認識させられた。クイーンSでは初めて古馬と対戦したが、問題なく重賞3勝目をマーク。勢い期待された秋華賞だが、外枠に泣かされ6着と、初めて掲示板をはずす結果となった。今回はマイル戦となるが、実績から距離短縮はプラス材料。春から馬体重が20キロ増え、成長力も十分だ。

グランプリボス

 京王杯2歳S、朝日杯FSと連勝し、3歳春にもNHKマイルCを制覇。新たなマイルのスター誕生を予感させた。しかし夏にイギリス遠征をした影響なのか、その後は苦戦続き。昨年末に阪神Cで2着した以外は大敗ばかりで、能力の減退が懸念された。そうした不安を払拭したのが安田記念。久しぶりに、この馬らしい末脚を披露し、ストロングリターンのクビ差2着と復活をアピールした。今秋は毎日王冠では6着も、一叩きされたスワンSでは、前が残る展開を、33秒2の強烈な脚で差し切り。1年半ぶりの勝利を掴んだ。今度こそチャンピオンマイラーの地位確立へ。主役奪回の時は来た。

サダムパテック

 東京スポーツ杯2歳S、弥生賞を勝ち、皐月賞ではオルフェーヴルの2着とかつてはクラシックの中心軸に位置する馬だった。距離不安された菊花賞でも5着に入り、古馬王道路線での活躍が期待されたのだが、今年に入って、マイルの金杯、東京新聞杯と連敗。だが更に距離を短縮して京王杯SCに出走すると、見事な差し切りで久しぶりの勝利を味わった。おかげで安田記念は1番人気に推されたが9着に大敗と、最近は人気で負けるイメージがついてしまった。秋は天皇賞から始動。8着に敗れたが、内容は悪くなく、マイルCSへ向けて調子は上向きつつある。京王杯のように瞬発力勝負になれば、待望のG1制覇も見えてくる。

ストロングリターン

 デビュー時から安定した成績を残していたが、なかなか勝ちきれないことも多かった。明らかに変わったのは古馬になってからで、1000万、1600万と連勝。長期休養を挟んだ翌年には、京王杯SCで重賞初制覇を飾ると、初めてのG1挑戦となった安田記念でもクビ差2着と大善戦。あっという間にG1を目前まで引き寄せた。その後もなかなか使い込めず苦労もあったが、今春の安田記念ではグランプリボスとの壮絶な叩き合いを制し、念願のG1馬に仲間入りした。これまで秋は順調さを欠くことが多かったが、今秋は毎日王冠を叩いて予定通りにマイルCSへ歩を進めてきた。得意の叩き合う形になれば、春に続く栄冠も夢ではない。

ドナウブルー

 今では3冠牝馬ジェンティルドンナの姉という紹介が多くなってしまったが、この馬もデビュー前は、エリートが揃うノーザンFでもトップクラスの評判牝馬だった。実際デビューから2連勝したときは、桜花賞候補の筆頭に推す人も多かったほどだ。しかし折り合い難と馬体減に苦しめられ、能力を発揮できず、3歳時は期待に応えられなかった。しかし古馬になって体質も強くなってくると、京都牝馬Sで初重賞制覇。G1ヴィクトリアマイルでも、苦手の輸送を克服して2着に善戦し、更に関屋記念でも難なく重賞2勝目を挙げた。ただ1800mの府中牝馬Sでは、折り合いに苦しみ3着。それだけに今回の距離短縮は強い味方になる。

ファイナルフォーム

 デビュー前から期待は高かったものの、体質の弱さからデビューは大幅に遅れ、3歳になって未勝利戦でデビュー。経験馬が相手と厳しい舞台だったが、好位から抜け出して快勝。素質の高さを感じさせるものだった。その後2戦は取りこぼしたが、6月の500万下では、ゴール前直前で寄れて他馬に迷惑をかけながらも2勝目を獲得。続くラジオNIKKEI賞では早めに抜け出し、初めての重賞挑戦を楽にクリア。キャリアを考えれば、価値は絶大だ。秋初戦の富士Sは、調教内容から仕上がり不足を思わせたが、それでも2着を確保。本番へ向けての変わり身は大きい。まだまだ気性に難が残るもの、能力は相当なもの。いきなりG1を勝っても不思議ではない。

リアルインパクト

 京王杯2歳S、朝日杯FS、NHKマイルCと全てグランプリボスに敗れ、その頃は、3歳マイル路線のナンバー2という立場だった。だからこそ、3歳馬としては初となる安田記念の勝利は、周囲を驚かせるものだった。斤量差があったとはいえ、経験を考えれば、これは離れ業。翌年の勝ち馬ストロングリターンを制したのだから、レベルも悪くない。ただ、その後は勝ち星がなく、2着も前年の毎日王冠以来なく、苦戦続き。昨年のマイルCSも1番人気を裏切る5着で終わっている。ただここへ来て復調気配で、毎日王冠でもカレンブラックヒルからコンマ3秒差の4着と好走。G1以来忘れていた勝利の味は、G1でいただきたい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。