IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年10月21日(日)

11R

2012年10月21日(日) | 4回京都7日 | 15:40発走

第73回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:11200、4500、2800、1700、1120万円 |

ゴールドシップ

 オルフェーヴル、ドリームジャーニー兄弟をはじめ活躍馬の多いステイゴールド×メジロマックイーンの配合ということもあり、早くから注目されていた。デビューから2連勝し、札幌2歳S、ラジオNIKKEI杯2歳Sも2着と好走。共同通信杯ではディープブリランテを差し切り、初の重賞勝ちを収めた。続く皐月賞では有力馬が外に出す中、内田博騎手が思い切ってインを衝き抜け出すと、最後は独走状態で快勝。クラシック馬の栄冠に輝いた。しかしダービーでは伸びきれず5着に終わる。 この秋は神戸新聞杯からのスタートとなったが、1週前調教が予定よりも軽くなり、土曜日に強めの調教を追加するアクシデント。調整不安が囁かれていたが、これを覆す圧勝劇で皐月賞馬健在をアピールした。血統から距離延長は問題なく、2冠に向けて視界良好だ。

ベールドインパクト

G1馬コイウタの半弟という背景から、デビュー戦は1番人気。しかしすぐには勝ちあがれず、初勝利は3戦目だった。だが素質はやはり高く、きさらぎ賞ではワールドエース、ヒストリカルの3着に善戦すると、2200mのすみれSで2勝目。皐月賞7着後は、直接ダービーに向かうことになっていたが、賞金から出走が微妙なため、急遽京都新聞杯に出走。日本レコードが出るような高速馬場で、同馬には合わない舞台と思われたが、2着に入線しダービー出走を果たした。そのダービーは前が止まらない展開で、後方から詰めただけの9着で終えた。秋は神戸新聞杯から復帰し10着。ただ新馬で5着だったように叩いてからのタイプで問題ない。ヴィクトリアマイルを制したスピード馬の姉コイウタと違い、こちらはスタミナ戦を得意とする。3000mは苦にしない。

ロードアクレイム

 年明けて、1月のデビュー戦で勝利。しかし、この頃は決め手に欠けるレースで、渋った馬場も影響したか、いいところまでは来るものの勝てないレースが続いた。大きく変わったのは夏木立賞。直線の勝負どころで前が壁になり絶望かと思われたが、そこから外へ持ち出し、一気の伸びで差しきり。これまで見られなかった俊敏な動きに、成長力が見られた。ラジオNIKKEI杯は8着も、これは狭いコースに合わなかったもの。神戸新聞杯では、広いコースと2400mの距離も良く、素晴らしい伸び脚で2着を確保し、菊花賞の出走権をゲットした。父ディープインパクト、母はオークス馬のレディパステルと恵まれた血統は、G1馬にふさわしいもの。まだまだ成長の余地は残しており、京都の3000mもプラスになろう。

エタンダール

 2歳の9月にデビュー戦を勝った頃はクラシック候補の1頭に挙げられていたが、2勝目をあげるのに手間取り、気がつけば年も明け3月末。ようやく山吹賞で2つめの勝ち星を挙げたが、皐月賞出走は賞金的に苦しく、青葉賞でダービー出走の夢をかけた。10番人気と前評判は低かったが、好位から伸びるとフェノーメノとともに抜け出し。最後は2馬身突き放されたものの、2着に入線し、ダービー切符を手に入れた。そのダービーは中団につけ8着に終わっている。秋初戦はセントライト記念に臨み4着も、叩き台としては満足の行く内容だ。母の父は、ヨーロッパで活躍するモンジューで、スタミナに富んだ血統。全兄のクリサンセマムも全2勝を全て長距離で挙げており、3000mはもってこいの距離。大駆けの可能性は十分ある。

マウントシャスタ

 池江厩舎にはワールドエースという大物3歳馬がいたが(故障で休養中)、その馬に匹敵すると、デビュー前から高い評価を受けていた。その期待に応えるように、デビューから2連勝し、毎日杯では2着。NHKマイルCでは2番人気に推されたが、他馬を妨害したため、失格処分となってしまった。これでダービー出走も無くなってしまったが、白百合Sを勝つと、勇躍して宝塚記念に挑戦。積極的にレースを進め、一時はオルフェーヴルとともに抜け出す大見せ場をつくった。最後は5着に終わったものの、馬場の悪いインを粘ったもので、能力の高さが改めて証明された。秋初戦の神戸新聞杯は3着に終わったが、狭いところに入り、勢いがつかなかった感もあった。距離延長に多少不安はあるものの、能力では上位人気馬にも引けをとらない。

スカイディグニティ

 初勝利に時間がかかってしまい、勝ち上がったのは6月。ここから上昇気運に乗り、続く500万クラスのレースは、他馬を全く問題にせず楽勝。だが格上げ初戦の阿賀野川特別では2番人気に推されたが、出遅れに超スローペースも祟り、レースに参加できない形で6着に敗れた。これが能力による敗戦でないことは、続くセントライト記念で証明される。断然人気のフェノーメノが楽に抜け出し後続に差をつけ始めると、唯一これを追ったのが同馬。1馬身差まで詰め寄り2着に終わったものの、見せ場は十分だった。半兄には新潟大賞典を勝ったゴールデンダリアがいる。こちらは父がブライアンズタイムに変わり、2400m以上のレースで2勝した実績からも、3000mは望むところ。メンディザバル騎乗も、非常に不気味だ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。