IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年12月1日(土)

11R

2012年12月1日(土) | 5回中山1日 | 15:25発走

第46回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(GII)

芝・右・内2周 3600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 | レコードが出たレース

ケイアイドウソジン

 一つ勝つと、次に勝つまで時間のかかる馬だったが、キャリアを積むにつれ、少しずつゴール前の粘り腰が強くなってきた。それが垣間見えたのが4歳秋。甲斐路Sを逃げ切って1600万クラスを卒業すると、オープン入り2戦目で迎えたディセンバーSでは、6番人気ながら2番手からの先行勝ち。間隔を開けたメトロポリタンSでも好位から抜け出して勝利を収めている。この後、5戦して二桁着順が続いたお陰でダイヤモンドSは15番人気の低評価。そのせいもあってか、競られること無く一人旅の逃げ切り、初めての重賞タイトルとなった。長距離戦を単騎で行ければ、しぶといのは実績通り。3600mで存在感は一気に高まっている。

デスペラード

 3歳時に芝を2戦したが、その後はダートばかり。年が明けて1月には1000万、1600万と連勝してオープン入りを果たし、重賞の東海Sではソリタリーキング、ニホンピロアワーズあたりとも好勝負した。こうした内容から、降級後はすぐに勝ちあがると見られていたが、10、11、6着とまさかの大苦戦。そこで、3歳春以来1年半ぶりになる芝のレースを使ってみた。その八坂特別は、実績の薄い芝に加え、57.5キロの斤量と不利が重なっていたが、32秒8というダート馬とは思えない瞬発力で、最後方から強襲。驚きの勝利を得た。この内容から、今回も芝のレースを選択。重賞とはいえ、前走の脚と芝への慣れを考えれば、不安より期待のほうが大きい。

トウカイトリック

 春の天皇賞に7度挑戦。そしてステイヤーズSも今回で6度目の挑戦と、長距離戦の常連だ。もちろん実績も積み重ねており、ダイヤモンドS、阪神大賞典と、3000m超の重賞を2勝。天皇賞春でも、メイショウサムソンが勝ったときに3着に入っている。ステイヤーズSでも、これまで5戦し、勝ってはいないものの2着1回、3着1回、4着2回と、安定していい結果を残している。10歳になったが衰えは感じさせず、春の天皇賞でもウインバリアシオン、ギュスターヴクライとは差のない競馬をしている。アルゼンチン共和国杯を叩いてステイヤーズSの臨戦過程も、このレース狙いの目標が分かるもの。乱ペースになれば、キャリアがモノをいう。

ファタモルガーナ

 勝ちあがるのに4戦かかったが、未勝利勝ち直後に京都新聞杯に挑戦するあたり、陣営の期待の高さが感じられる。この後から半年の休養に入ったが、叩き2戦目で500万クラスは卒業。昇級初戦は3着に敗れたが、続く陣馬特別では、後方から目の覚めるような差し脚で勝利を飾った。降級した信濃川特別では、32秒台の脚で難なく差し切り。昇級初戦となったオクトーバーSは、前が止まらないレースで5着に敗れたが、内容は上々だった。小倉で500万を勝った時は、2600m戦を後方からまくり勝ちと、小回りの長距離戦は得意にしている。中山の3600mは、この馬の持ち味を発揮するベストなコースかもしれない。

フォゲッタブル

 母は天皇賞秋、オークスを勝った名牝エアグルーヴ。姉にG1馬アドマイヤグルーヴ、弟にルーラーシップ、妹にグルヴェイグとファミリーに重賞勝ちが並ぶ華麗なる一族の一頭。この馬自身も、セレクトセールで2億5000万を超える高値で取引された。その期待に応え、菊花賞ではスリーロールスのハナ差2着と、G1を目前にまで引き寄せた。この勢いに乗りステイヤーズSを楽勝、有馬記念も4着に入線し、更にダイヤモンドS快勝と、一流馬への道を順調に歩んでいた。だが天皇賞春を1番人気ながら6着に敗れると、一気に失速。気がつけば2年半以上、3着以内にも入っていない。ただ京都大賞典では久々に好レースをしており、復活が期待される。

マイネルキッツ

 重賞勝ちも無かった同馬が花開いたのは、3年前の天皇賞春。それまで中距離戦を中心に使われていたが、直前の日経賞で2着になり、ステイヤーの資質を見せ始めていた。そして本番では、まくり気味に進出し、アルナスラインをクビ差抑えて優勝。初めての重賞勝ちをG1で果たした。その後も長距離を中心に活躍。翌年も日経賞に勝つと、天皇賞春は2着と存在感をアピール。この後は苦戦が続いたが、前年のステイヤーズSでは、長距離適性を生かして久々の勝利を得ている。近走は再度苦戦しているが、突然走り出すのが、この馬のパターン。3000m超のレースは最も得意としており、2年連続勝利も難しいことでは無い。

メイショウクオリア

 長距離実績はデビューした頃から発揮しており、3歳春には2400mの500万特別を勝ち、続く京都新聞杯で早くも重賞勝ちを収めている。ただスタミナはあるものの、決め手が無く、芝を諦めて一時はダート路線に進んだ。ここでも2着は3度あったが、なかなか勝てないため再度芝路線へ。2年前の巴賞で、ようやく3勝目を挙げている。それから2年以上、またしても勝ち星から遠ざかっているが、長距離戦では好勝負を演じている。特に北海道の2600m戦では、6戦して2着2回、3着3回と、安定した成績を残した。同じく小回りの3600m戦の中山は絶好の舞台。時計がかかるレースになれば、一気に上位争いに浮上する。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。