IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2022年1月16日(日)

11R

2022年1月16日(日) | 1回中京6日 | 15:35発走

第69回日経新春杯(GII)

芝・左 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

性齢

4歳勢が抜群の安定感。7歳以上の高齢馬は用なし

まず牡馬・セン馬に限定して年齢別成績を見ていくと、[7.3.0.18]で勝率25.0%・複勝率35.7%の4歳勢が大幅リード。6番人気と10番人気でも勝利していて激走も期待できる。5歳勢は[2.4.4.23]で勝率6.1%・複勝率30.3%。6歳勢は[1.1.5.26]で勝率3.0%・複勝率21.2%と徐々に下がり、7歳以上は[0.0.0.40]と、さすがに苦しい。牝馬は過去10年で[0.2.1.9]と未勝利だが、複勝率25.0%は牡馬・セン馬の20.1%より上だ。

前走・重賞組

前走G1で7着以内なら◎。芝2000mのG2・G3を使われた馬が対抗

菊花賞組の3勝を筆頭に前走G1組は[5.0.0.24]。前走7着以内に限れば[5.0.0.4]、勝率55.6%で本命候補だ。前走G2組は[1.1.4.22]、G3組は[0.3.1.28]、計[1.4.5.50]。この組は前走が芝2000mだと[1.3.3.7]で勝率7.1%・複勝率50.0%。2頭に1頭は馬券に絡んでいるので、該当馬がいれば必ずヒモとして馬券に組み込みたい。前走がオープン特別だと[0.1.2.21]と苦しいが、昨年は2着と3着に来た。中京では要注意だ。

前走・条件戦組

前走2勝クラス・3勝クラス勝ち馬の安定感は抜群

前走2勝クラス1着馬は[1.1.1.0]、勝率33.3%・複勝率100%と絶対に買いたい存在だ。10番人気で勝った2013年のカポーティスターも100万下の北野特別を勝った勢いで重賞初制覇を果たしている。前走3勝クラス組も[3.4.2.19]と好勝負可能。この組は前走4番人気以内なら[3.4.1.13]で勝率14.3%・複勝率38.1%と優秀。また前走1着なら[1.4.1.5]で勝率は9.1%止まりだが複勝率は54.5%と安定感を高めるのが特徴だ。

枠・脚質

原則として内枠が有利。安定感なら先行馬、勝ち切るのは差し馬

馬番1〜7の馬が計[9.7.4.50]で勝率12.9%・複勝率28.6%、8番より外の馬は[1.3.6.66]で勝率1.3%・複勝率13.2%と、内有利。ただし中京2200mで行われた昨年は14番ショウリュウイクゾが勝利している。前走4コーナーを4番手以内で回ってきた先行タイプが[4.5.5.30]で勝率9.1%・複勝率31.8%と安定しているが、同8〜12番手だった差し馬が[6.3.1.38]で勝率12.5%・複勝率20.8%と勝ち切っている点にも要注意だ。

馬体重・斤量

馬体重プラス6kg以上、ハンデはマイナス2kg以上で好走率アップ

過去10年の勝ち馬のうち馬体重が減っていたのは2013年のカポーティスターだけ。馬体減の馬は[1.7.4.23]で勝率2.9%・複勝率34.3%、2着が多く複勝率も高い点が特徴だ。アタマにするならプラス6kg以上の馬。このタイプが[7.2.2.48]で勝率11.9%・複勝率18.6%と勝ち切っている。前走から斤量増または増減なしだと[2.4.6.51]、勝率3.2%・複勝率19.0%に対し、2kg以上の斤量減は[8.4.3.36]で勝率15.7%・複勝率29.4%と優位だ。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。