IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年4月10日(土)

11R

2021年4月10日(土) | 2回阪神5日 | 15:35発走

第64回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

レースの攻略アプローチ

前走成績

前走重賞勝ち馬の信頼度が高い

2016年にマイル戦となってから、それ以前とは傾向が一変。前走JRA重賞組は2015年までは[0.3.4.29]と意外に冴えなかったが、2016年以後は[5.3.4.41]と、過去5年の勝ち馬すべてが含まれる。近5年のJRA重賞組は、前走1着なら[3.0.1.1]と引き続き好走に期待できると同時に5着以下でも[2.2.1.33]と巻き返しは可能。前走がJRA重賞以外だと[0.2.1.16]で、馬券に絡んだ3頭は準オープンを勝ち上がってきた馬たちだ。

厩舎と騎手

出走頭数も着順上位も関西馬。ジョッキーも継続騎乗の関西勢

マイル戦となってからの5年は関東馬の参戦が5頭しかなかったこともあり、関西馬が[5.5.5.52]と上位を独占している。ジョッキーも関東勢が[1.0.0.4]で2018年に横山典弘騎手が勝っただけ、2015年以前を見ても[0.1.0.12]で蛯名正義騎手の2着があるだけだ。また近5年は、前走と同じ騎手が乗った馬は[4.2.5.20]、勝率12.9%。これに対して乗り替わりがあると[1.3.0.37]、勝率2.4%。継続騎乗がかなり有利なレースだ。

脚質・枠

前走は中団追走、今回は前でレースを運ぶ馬が有利

1400mだった当時は、4コーナー4番手以内の馬が[3.2.2.20]で勝率11.1%、5番手以下の馬が[2.3.3.46]で勝率3.7%と、前に行く馬の方がやや有利だった。1600mとなってからは、5番手以内の馬が[4.2.4.21]で勝率12.9%、5番手以下の馬が[2.3.3.43]と、距離が延びても傾向はあまり変わっていない。ただし前走4コーナーの位置取りを見ると、6〜7番手で回ってきた馬が[3.0.2.9]で21.4%と、かなり成績がいい点に要注意だ。

血統

ディープインパクト産駒を筆頭に父サンデー系が強い

距離が1400mだった2011年〜2015年当時も[3.4.3.36]と安定していたサンデーサイレンス系種牡馬だが、マイル戦となった2016年以降は[5.5.5.38]と絶対的な存在に。中でもディープインパクトは近5年で[4.2.2.12]、毎年連対を果たしている。同じく近5年だけで見ると父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系というタイプが[3.3.2.20]、父サンデーサイレンス系×母父ミスタープロスペクター系が[1.2.1.3]、この両者の戦いだ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。