IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年3月14日(日)

11R

2021年3月14日(日) | 2回中京2日 | 15:25発走

第57回金鯱賞(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:重 | 4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

厩舎・騎手

近年は厩舎も騎手も関西勢が優位

この時期の中京では2016年までG3の中京記念や中日新聞杯が行われていた。2017年からはG2の金鯱賞が組まれているわけだが、それ以後は各ファクターで極端な傾向が現れている。たとえば関西馬が[4.3.3.27]、関東馬は[0.1.1.11]、騎手も栗東勢が[4.3.3.25]で美浦勢は[0.0.1.12]だ(残りの2着1回は来日中の外国人騎手)。完全に西高東低。関東馬は8番人気2着、6番人気3着があるものの、信頼度は低いといえる。

年齢・馬体重

4歳勢が成績優秀。馬体重500kgを超える大型馬が勝つ

G2金鯱賞となってからの4年を見ると、4歳馬が[3.1.0.9]、5歳馬が[1.2.2.12]、6歳馬が[0.0.2.8]、7歳以上は[0.1.0.9]と、若ければ若いほど有力。馬券の軸は4歳馬ということになりそうだ。過去4年は馬体重にもクッキリとした傾向が見られ、当日500kg未満の馬は[0.2.0.26]、500kg以上の馬が[4.2.4.12]。また前走から馬体減だと[1.0.0.16]、勝ったのは2kg減だったサートゥルナーリアだけ。馬体増の馬が[3.3.3.21」と好調だ。

前走の成績

G1上位勢が本命候補。海外帰りと中距離前戦組が対抗

過去4年の勝ち馬4頭は、有馬記念2〜4着・勝ち馬から0.8秒差以内というタイプが3頭、日本ダービー0.2秒差6着以来の馬が1頭。G1で上位争いできる馬を素直に本命とすべきレースだ。2〜3着馬の8頭を見ると、まず海外遠征帰りが3頭。残り5頭は「前走が芝1800mか2000mのオープン特別かG3で1〜7着・勝ち馬から0.6秒差以内」。ここには人気薄も含まれるため、中距離で善戦してきた馬には注意が必要だ。

脚質

中団からの差し馬が1着候補

過去4年で逃げた馬は[0.2.1.1]。複勝率75.0%は立派だが、最後には差されている。前走4コーナー3番手以内だった馬(前走海外組を除く)が[0.1.2.5]なので、原則として逃げ・先行タイプは割り引きたい。前走4コーナー4〜9番手だった馬が[3.1.1.21]で勝率11.5%。このゾーンがアタマには最適。10番手以下だった馬は[1.0.0.10]で、やや信頼感は落ちる。いずれにせよ「差し馬が逃げ・先行勢を差す」という予想で臨みたい。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。