IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年4月18日(日)

11R

2021年4月18日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第81回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | 3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 |

レースの攻略アプローチ

前走成績

共同通信杯組・ホープフルS勝ち馬・トライアル連対馬の争い

前走・共同通信杯連対馬が[4.0.1.6]、G1ホープフルS勝利からの直行馬が[2.0.0.0]。この2つが近年要注目のローテーションといえる。前走が弥生賞、スプリングS、毎日杯、若葉Sだと計[4.8.6.96]。この4レースで1〜3番人気なら[4.7.3.40]、連対なら[4.6.4.42]で、これが好走の条件となる。以上6レース以外からの臨戦だと[0.2.2.39]。3着以内に来た4頭はすべて前走重賞で1番人気1着という高素質馬たちだ。

重賞実績・距離実績

芝中距離とオープン・重賞での実績を重視したい

JRA重賞で連対経験のない馬は[0.2.0.55]と時おりの2着が精一杯。芝の中距離(1800mまたは2000m)で勝ったことのない馬も[0.1.1.27]と苦しんでいる。芝中距離で2勝以上していた馬は[6.8.7.69]。このうち「芝中距離のオープン・重賞で2勝以上」という条件を満たす馬は[4.6.1.11]の勝率18.2%、連対率45.5%と安定感を増す。皐月賞では重賞・オープンでの実績と中距離実績をともに重視して予想したい。

脚質

先行にこだわる馬も末脚勝負の追込み馬も苦戦

4コーナーを3番手以内で回ってきた馬は[0.3.4.28]、逆に4コーナー10番手以下から差し切ったのはオルフェーヴル(東京開催だった)とディーマジェスティだけだ。「前走4コーナー2〜4番手から1着」だった馬が[7.4.6.37]で勝率13.0%。また本番で「4コーナー4〜7番手」という馬が[8.4.5.28]で勝率17.8%。前走・先行策からしっかり勝ち切った馬が、今回は1列だけ位置取りを下げる。それが皐月賞の勝ちパターンだ。

キャリアと馬体重

皐月賞まで4戦〜6戦の馬は穴馬に注意。しっかり仕上げてきた馬を狙え

キャリア3戦以下で勝ったのはサートゥルナーリアとコントレイル、7戦以上で勝ったのはロゴタイプだけで、いずれも1番人気だった。逆にキャリア4〜6戦で1番人気という馬は勝てていないのが面白い。また前走と同じ馬体重の馬が[5.1.2.27]、1〜9kg絞ってきた馬が[5.7.4.71]。馬体重が増えた馬は[0.1.4.41]で、10kg以上減っていた馬は[0.1.0.6]。皐月賞へ向けての仕上げ方も結果を左右するファクターだ。

騎手・厩舎・生産者

2着には関西の騎手が乗った関西馬が入る

関東馬が[4.1.4.52]、関西馬は[6.9.6.93]。勝率はほとんど変わらないが、2着は関西馬の方が圧倒的に多い。1〜3番人気に限ると関東馬が[3.1.2.4]、関西馬が[2.6.2.10]で勝ち切る力は関東馬の方が上だ。ジョッキーは関東勢が[4.0.4.73]、関西勢が[6.9.5.66]で、厩舎と同じような傾向。またノーザンファーム、社台ファーム、白老ファームの合計が[6.8.3.72]。3番人気以内での連対率45.8%という安定感が光る。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。