IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年1月24日(日)

11R

2021年1月24日(日) | 1回中山8日 | 15:45発走

第62回アメリカジョッキークラブカップ(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:曇 | 馬場:不良 | 4歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走G1・G2組

有馬記念組が最有力。次いで2400m以上のG1・G2好走馬

前走がG1・G2だった馬は[9.3.4.39]で勝率16.4%。中でも[4.0.1.8]の有馬記念組は、有馬記念で大敗していても十分に巻き返せるので要注意だ。有馬記念以外のG1・G2からだと、前走で1秒以上負けていた馬は[0.1.0.18]。つまり前走で好勝負している必要がある。また有馬記念組を含め、勝ち馬9頭中7頭の前走が2400m以上。残り2頭は金鯱賞(3月に移設)組なので、実質「前走は2400m以上であることがマスト」と考えられる。

前走G3・オープン特別組

芝1800mか2000mのG3・オープンで好走してきた馬に注意

前走がG3またはオープン特別だった馬は計[0.7.5.52]で2〜3着候補。馬券に絡んだ12頭の前走は芝1800mか2000m戦で、12頭中7頭が掲示板を確保(うち2頭は前走1着、4頭は前走2着)していた。残りの5頭も含めて勝ち馬から1秒以上負けていたのは1頭だけ。つまり「芝中距離のG3・オープン特別で、勝つか、または負けても掲示板確保・勝ち馬から1秒差未満」というタイプなら買える。単勝10倍以上の馬の好走も期待できる。

前走条件戦組

クラシック経験のある4歳馬が3勝クラスを勝ってくれば要注目

前走が条件戦(3勝クラス)だった馬は[1.0.1.13]。前走で負けていた馬は、ここでも馬券に絡めていないので、まず脱落。前走で勝っていても、明け5歳以上の7頭は4着が最高だ。残りの4歳馬のうち、2走前の菊花賞で5着だったダンビュライト(皐月賞と日本ダービーにも出走)が1着、菊花賞13着だったミライヘノツバサ(皐月賞にも出走)が3着なので、クラシック出走の経験値が生きるレースといえそうだ。

性齢・枠・脚質

5歳勢が最有力。内枠の差し馬、外枠の先行馬が勝利に近い

年齢別成績は[5.1.3.15]で勝率20.8%の5歳勢が断然リード。4歳・6歳・7歳勢の勝率は4.3〜8.8%なので、それらの倍以上は5歳が有力だ。牝馬は[0.0.0.7]。3番人気以内がいなかったとはいえ、物足りない数字だろう。1〜5枠が[5.6.7.54]、6〜8枠が[5.4.3.50]と内外ほぼ互角だが、内枠の勝ち馬5頭中3頭は前走10番手以下を追走、今回も中団追走。いっぽう外枠の勝ち馬5頭は1〜3番手で4コーナーを回ってきた馬だ。

距離・重賞実績

芝2000m以上や重賞で勝ち負けした経験が必要

過去10年の勝ち馬10頭全馬に芝2000m以上での勝ち鞍があり、10頭中7頭は重賞ウィナーだった。また10頭中5頭は前走重賞5着以内かつ勝ち馬から0.4秒差以内。残り5頭は、2走前オープン勝ちのダノンバラード、3走前に重賞を勝っていたヴェルデグリーン、皐月賞3着・前走準オープン1着のダンビュライト、日経賞勝ち馬で1年以上休養していたシャケトラ、凱旋門賞帰りでグランプリホースのブラストワンピースという面々だ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。