IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年6月28日(日)

11R

2020年6月28日(日) | 3回阪神8日 | 15:40発走

第61回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

厩舎・騎手

調教師・騎手とも関東勢が健闘。乗り替わりナシの方が優位

関東馬が[3.2.0.25]で勝率10.0%、関西馬が[7.7.10.89]で勝率6.2%。関東の騎手が[4.2.0.27]で勝率12.1%、関西の騎手が[5.6.10.82]で勝率4.9%。厩舎・騎手とも勝率は関東勢が上だ。特に関東馬+関東の騎手という組み合わせは8番人気で2勝。穴として狙ってみたい。短期免許の外国人騎手も[1.2.0.5]と侮れない。また前走から乗り替わりがあると[3.3.4.61]で勝率4.2%、同じ騎手が乗った馬は[7.7.6.53]で勝率9.6%と後者優位だ。

年齢

人気でも穴でも走れる5歳勢を4歳馬が追う

過去10年の年齢別成績からは、まずは5歳勢が狙い目。1〜3番人気で[3.3.1.6]、勝率23.1%、連対率46.2%と安定し、6番人気以下でも[3.1.3.22]で勝率10.3%と激走している。これを追うのが4歳馬。こちらは1〜3番人気で[2.2.3.7]、勝率14.3%に対し、6番人気以下では[1.0.2.20]で勝率4.3%と人気サイドが中心。6〜7歳は[1.3.0.35]と苦しいが、連対馬4頭は5、6、9、10番人気と穴馬には要注意だ。

前走国内G1組

天皇賞・大阪杯からの巻き返しとヴィクトリアマイル組の激走に注意

天皇賞(春)からの臨戦組が[4.2.2.30]。勝ち馬4頭は、天皇賞で1〜2番人気に支持されながら5着以下に負けたオルフェーヴルとゴールドシップ(2回)、天皇賞で0.2秒差4着だったミッキーロケット。大阪杯組もタイム差なし2着のキセキと0.4秒差6着のサトノクラウンが宝塚記念では2着と1着だった。あとはヴィクトリアマイル組が[0.2.3.5]で複勝率50.0%。8番人気と11番人気での3着もあって、侮れない存在だ。

前走オープン〜G2組・海外組

前走が国内オープン・重賞か海外で好走していた馬は有望

前走が中央のオープン・G3・G2だった馬は[4.2.3.50]。そのレースが芝2000m〜2500mだと[4.2.3.42]、かつ前走1〜3番人気だと[4.2.2.20]、しかも「勝つか、負けていても2着か3着」なら[4.1.2.9]で勝率25.0%、複勝率43.8%。該当距離で人気になり、好走した馬は黙って“買い だ。前走が海外だった馬は[1.3.2.13]で、前走3着以内なら[1.2.2.4]、4着以下だと[0.1.0.9]だから、海外好走組もしっかり買っておきたい。

実績

通算4勝以上・芝2000m以上の重賞勝ち・過去4戦以内に重賞勝利が目安

勝ち馬9頭のキャリアを見ると、宝塚記念までの通算勝利数はナカヤマフェスタ、ミッキーロケット、リスグラシューの4勝が最少、重賞勝利数はマリアライトとミッキーロケットの1勝が最少だ。9頭すべてに芝2000m以上の重賞勝ち鞍があり、ミッキーロケット以外は過去4戦以内に重賞勝利をマークしていた。マイラーや勝ち鞍の少ない(3勝以下)馬、重賞実績の足りない馬、勝利から長らく遠ざかっている馬などは軽視したい。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。