IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年4月12日(日)

11R

2020年4月12日(日) | 2回阪神6日 | 15:40発走

第80回桜花賞(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:雨 | 馬場:重 | 3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

レースの攻略アプローチ

枠順

中ほどの枠が中心、外枠は2着、内の馬たちは厳しい

1〜2枠は[0.1.2.35]で10年間未勝利。勝ったのは1994年オグリローマンが最後だ。キャリアの少ない牝馬による多頭数レースなので、内で包まれるのは大きなマイナスといえる。3〜5枠は[7.3.4.46]で勝率11.7%。1〜3番人気に限れば[4.2.1.3]と安定し、6番人気以下でも[2.1.2.41]と勝ち負けに持ち込める。6〜8枠は[3.6.4.67]と2着惜敗が多く、1〜3番人気だと[3.4.2.7]、4番人気以下だと[0.2.2.60]となっている。

前走成績

マイルの前哨戦上位馬がアタマ、それ以外が相手候補

前走がチューリップ賞など芝マイル戦の重賞・オープン特別で、かつ3着以内に入っていた馬が[8.7.5.48]で勝率は11.8%。この条件に該当しない馬たちは[2.3.5.100]と3着が多く、勝率は1.8%だ。ここから出た勝ち馬はチューリップ賞2番人気4着のジェンティルドンナと、フィリーズレビュー1番人気2着のレーノミノルだけ。常識的には「マイルの重賞・オープン特別で3着以内」という馬が桜花賞勝ち馬の条件となる。

厩舎・騎手

関西勢+外国人騎手が主役。乗り替わりは激走のサイン

関東馬が[4.1.3.57]で勝率6.2%、関西馬が[6.9.7.91]で勝率5.3%。大差はないが、2着の多さで連軸にするなら関西馬か。いっぽう騎手は、関東勢が[1.3.0.51]、関西勢+外国人が計[9.7.10.97]と差が開いている。関東の騎手が乗って馬券に絡んだ4頭は1、1、2、4番人気と人気サイドだけだ。また6番人気以下の馬は[2.2.4.120]なのだが、馬券に絡んだ8頭のうち勝ち馬2頭を含む5頭は前走から乗り替わりがあった馬だ。

実績・キャリア

重賞実績とマイル実績、ここまでのキャリアにも注意

過去10年の出走馬178頭中、中央の重賞で連対したことのある馬110頭の桜花賞成績は[9.8.7.86]。芝マイル戦で連対したことのある馬121頭の桜花賞成績は[9.9.6.97]。重賞連対実績とマイル連対実績は重視したいファクターだ。また桜花賞までのキャリアが3〜6戦という馬が[10.10.10.117]で、キャリア3戦の馬が最多の4勝、次いで4戦の馬が3勝をマーク。7戦以上した馬は[0.0.0.27]で、使い過ぎた馬に勝機はなさそうだ。

血統

父サンデーサイレンス系とミスタープロスペクター系の一騎打ち

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[7.8.4.82]で勝率6.9%、ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が[3.0.3.24]で勝率10.0%と、この両系統の一騎打ちムード。ただし6番人気以下だとサンデーサイレンス系が[2.2.2.62]、ミスタープロスペクター系が[0.0.2.22]で、穴馬でも勝ち切るのは前者だ。母父の系統別成績は[5.3.3.52]のノーザンダンサー系が安定。1〜3番人気で[4.2.2.7]と好成績を残している。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。