IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月11日(日)

11R

2020年10月11日(日) | 4回京都2日 | 15:35発走

第55回京都大賞典(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

騎手・調教師

関東の騎手の遠征には要警戒も、馬は西高東低

この10年の騎手東西別成績は、美浦のジョッキーが[1.3.1.9]で勝率7.1%、連対率28.6%、栗東所属のジョッキーが[9.7.8.77]で勝率8.9%、連対率15.8%。好走数では栗東勢が圧倒しているものの、率的には美浦勢も遜色ない。いっぽう関東馬が[0.1.2.14]、関西馬が[10.9.8.73]と厩舎は西高東低。6番人気以下に絞ると関東馬が[0.0.0.10]、関西馬が[2.6.0.49]なので、人気薄で激走して穴馬券を演出するのも関西馬に限るようだ。

性齢

4歳と5歳が互角だが穴をあけるのは5歳。牝馬も人気なら買い

年齢別の成績は、4歳が[3.5.2.17]の勝率11.1%、連対率29.6%、5歳が[5.4.3.23]で勝率14.3%、連対率25.7%と、この両者の争い。単勝オッズ15.0倍以上の馬は[3.4.0.59]だが、馬券に絡んだ7頭のうち4頭が5歳。5歳勢は人気薄も含めて手広く押さえておきたい。6歳以上も[2.1.5.48]で、11番人気ドレッドノータスが勝つなど侮れない。牝馬は[2.1.1.12]で勝率12.5%。馬券に絡んだ4頭は2番人気と4番人気だった。

重賞経験・ステップ

中距離重賞連対以上の成績と、前走が重賞であることが必須

前走が中央G1だった馬が[5.5.8.23]、G2だった馬が[1.2.0.19]、G3だった馬が[3.1.1.23]で計[9.8.9.65]。馬券は前走が重賞だった馬を中心に組み立てるのがセオリーだ。また勝ち馬10頭中7頭は2000m以上の重賞勝ち鞍を持ち、残り3頭も、メイショウカンパクは2000m重賞2着、ラストインパクトは1800m重賞1着、スマートレイアーは秋華賞2着。中距離以上の重賞実績も重視したい。

枠・脚質

内の1〜4枠に入った先行馬が有利。外の差し馬が2着

1〜4枠が[7.3.5.35]で勝率14.0%、複勝率30.0%。このうち前走で4コーナーを5番手以内で回ってきていた馬は[5.2.2.10]、勝率は26.3%。「内枠の先行馬」が勝利に近いといえる。5〜8枠は[3.7.5.54]で勝率は4.3%、惜敗が多い印象だ。こちらは前走で4コーナー3番手以内だと[0.1.2.12]、6番手以下だと[2.5.3.32]で、どちらかといえば差し馬が好走しているイメージ。「外の差し馬が2着に突っ込む」といったところか。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。