2020年2月16日(日)

11R

2020年2月16日(日) | 2回京都6日 | 15:35発走

第113回京都記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:雨 | 馬場:重 | 4歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

性齢

勝ち切る4〜5歳馬+前走G1の6歳馬という組み合わせで

4歳が[4.5.3.22]で勝率11.8%、5歳が[5.1.5.17]で17.9%。4歳・5歳は複勝率も35%を超えていて、信頼感は高い。6歳は[1.3.2.25]、7歳以上は[0.1.0.21]で、馬券に絡んだ7頭のうち6頭は前走G1、残る1頭もG1〜前走G3取消だから実質G1組だ。牝馬は[1.3.0.14]と牡馬に比べて苦しく、連対した4頭は、やはり前走G1、今回5番人気以内、全馬とも母父ノーザンダンサー系というプロフィールの持ち主だった。

間隔と馬体重

前走からゆったりとした間隔&馬体増で臨む馬が中心

前走から連闘〜中3週という馬が[1.1.1.35]、中4週〜中22週という馬が[9.9.7.41]、それ以上間隔が開くと[0.0.2.9]となる。前年の秋〜暮れに重賞を走り、ここが年明け初戦というタイプか、東西の金杯を使った馬が中心のレースといえる。馬体重は460〜499kgが[8.6.5.42]でベスト。前走比マイナスの馬が[2.0.0.21]、同じ体重だと[0.0.0.9]、増えていた馬が[8.9.9.54]だから、ある程度は馬体に余裕を持って出てきた馬を狙いたい。

枠順と脚質

外枠から先行できる馬を中心に買いたい

1〜4枠に入った馬が[4.4.3.33]で勝率9.1%、5〜8枠だと[6.6.7.52]で勝率8.5%と内外の差はないが、1〜3番人気に限れば[1.3.2.5]の内枠より[3.4.6.6]の外枠が安定している。前走が重賞(海外は除く)で4コーナー2〜4番手だった馬が[6.2.0.22]で勝率20.0%、今回4コーナー4番手以内で[9.5.6.32]と先行馬が活躍。逆に前走4コーナー7番手以下だった差しタイプは[2.4.8.46]と2〜3着に甘んじることが多い。

前走の格と重賞実績

中距離以上の重賞で勝ち負けできる実績馬が強い

前走が国内のG1だった馬が[5.5.8.18]、海外G1帰りが[2.1.1.0]、G3だった馬が[2.2.0.16]で計[9.8.9.34]。前走が条件戦やオープン特別だった馬は[0.1.0.14]、G2だった馬は[1.1.1.37]だから評価を落としたい。前走6着以下から巻き返して勝った馬も5頭いるが、前走3着以内だと[5.5.4.22]と安定感は増す。また勝ち馬9頭のうち8頭には芝1800m以上の重賞勝ち鞍があり、残り1頭には菊花賞2着の経験があった。
Yahoo! toto

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。