IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年9月20日(日)

11R

2020年9月20日(日) | 2回中京4日 | 15:35発走

第38回関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走オークス組

オークス4番人気以内+5着以内。それ以来の馬がレースの中心

前走オークス組が[8.4.3.36]で勝率15.7%と、出走数的にも成績的にも中心となっている。オークス馬が[3.1.0.3]と貫録を見せているのを含め、オークス5着以内馬が[7.2.2.10]とコンスタントに上位争いしている。これにオークス4番人気以内という条件を加えれば[6.2.1.3]と信頼度はかなり高い。オークス6着以下だと[1.2.1.25]。馬券に絡んだ4頭は桜花賞3着馬と阪神JFの3着馬、重賞勝ち馬2頭と、重賞実績のある馬たちだった。

前走2勝クラス〜G2組

2勝クラス〜G2をステップとしてきた馬はヒモ穴として期待

前走が2勝クラス(1000万下)だと[0.1.6.21]、3勝クラス(1600万下)だと[0.0.0.2]、オープン特別だと[0.1.0.2]、G2・G3だと[0.1.0.6]で、トータル[0.3.6.31]。未勝利だが馬券に絡んだ9頭7頭が6番人気以下なのでヒモ穴として考えたい。また9頭中6頭が父サンデーサイレンス系、残り3頭は母父サンデーサイレンス系。9頭中3頭は前走1着、4頭は勝ち馬から0.3秒差に頑張っていた。血統と前走成績が目安となりそうだ。

前走未勝利戦〜1勝クラス組

1勝クラス勝ち馬もディープインパクト産駒なら侮れない

前走が未勝利戦だった馬は[0.1.0.3]。唯一2着に来たのは2週間前に初勝利をあげたばかりのタガノエトワールで、同馬は勢いに乗って秋華賞でも3着と健闘。今後も軽視しない方がいいだろう。前走1勝クラス(500万下)組も[2.2.1.31]と勝負になる。馬券に絡んだ5頭はすべて前走1着、うち4頭はメンバー中最速の上がりで差し切っていた。また5頭中3頭がディープインパクト産駒、4頭が母父ノーザンダンサー系の馬だった。

脚質

逃げ・先行タイプより差し・追込みタイプを重視したい

前走で4コーナーを1〜3番手で回ってきた馬は[0.2.3.36]、4〜7番手だった馬は[2.3.4.42]。ここまでの計が[2.5.7.78]で、勝ち切れずに2〜3着というイメージだ。前走4コーナー8番手以下だった馬が[8.5.3.39]で勝率14.5%、そのうち今回1番人気に限れば[4.1.0.2]で勝率57.1%。差し・追込みタイプの人気馬を中心に考えるべきレースだろう。ただし今年は中京2000mでの開催。コース替わりで傾向が変化する可能性もある。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。