IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年3月15日(日)

11R

2020年3月15日(日) | 1回中京6日 | 15:25発走

第56回金鯱賞(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

厩舎・騎手

近年は厩舎も騎手も関西勢が優位

3月・中京芝2000m・4歳上の重賞というくくりで過去10年(中京記念、中日新聞杯、金鯱賞)を見ると、関西馬が[7.9.9.93]で勝率5.9%、関東馬が[3.1.1.38]で勝率7.0%。騎手では栗東勢が[7.6.8.76]で勝率7.2%、美浦勢が[2.3.1.49]で勝率3.6%、来日中の外国人騎手が[1.1.1.5]で勝率12.5%。ただしG2金鯱賞になってからの3年は、関西馬が[3.3.3.21]と上位独占。騎手も栗東勢が[3.2.3.19]と、西高東低の図式になっている。

前走の成績

前走重賞で高評価・好結果が今回好走の条件

前走が重賞だった馬が[9.7.7.97]で主力。うち前走7着以内だと[9.5.4.51]、勝ち馬から0.5秒差以内の負けだと[7.5.2.35]、前走4番人気以内で[6.2.3.30]と成績は安定する。ただし前走マイル戦だと[0.0.0.8]、2600m以上だと[0.0.0.5]。1800m〜2500mの重賞で高評価を得て善戦してきたタイプが中心だ。前走が準オープン〜オープンだと[1.1.2.30]と苦しいが、馬券に絡んだ4頭は9〜13番人気と穴馬が潜んでいる点には要注意だ。

脚質

中団からの差し馬が1着候補

逃げた馬は[0.2.1.7]と不振。4コーナーを2〜5番手で回ってきた馬は[4.6.2.36]なのでアタマというより連軸向きか。4コーナー6〜10番手の差し馬が[6.2.7.35]で勝利にもっとも近い。前走の位置取りを参考にすると、4コーナー先頭だと[0.0.0.7]、2〜5番手だと[4.6.7.36]、6〜12番手だと[5.2.1.66]で、今回の脚質別成績とほぼ連動している。13番手以下だった馬は[1.0.1.20]と苦戦。軸にするなら中団から差してくるタイプだ。

過去3年

この3年は中距離実績のある関西馬が好走

G2金鯱賞となってからの3年を見ると、1〜3着は前述の通りすべて関西馬、鞍上は栗東勢8人とシュタルケ騎手。前走は有馬記念組が2頭、海外からの帰国初戦が3頭、日本ダービー以来が1頭で、残り3頭は小倉大賞典4着馬、白富士S勝ち馬、朝日チャレンジC勝ち馬だ。9頭中7頭は芝2000m以上の重賞ウィナーで、残り2頭も芝2000mのオープン勝ち馬と芝2000m3勝馬。高い中距離実績を持つ関西馬が主役となっている。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。