IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月4日(日)

11R

2020年10月4日(日) | 4回中山9日 | 15:40発走

第54回スプリンターズステークス(GI)

芝・右・外 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13000、5200、3300、2000、1300万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

性齢

4〜6歳勢・牡馬の人気サイドが馬券の中心

過去10年で3歳馬は[0.1.1.13]と未勝利、7歳以上は[1.2.1.38]で勝ったのは香港馬ウルトラファンタジーだけ。4歳が[3.3.5.16]、5歳が[3.4.2.34]、6歳が[3.0.1.29]。勝率は4歳が11.1%でトップだが、三つ巴状態といえる。4〜6歳かつ1〜3番人気で[8.5.1.13]だからアタマはこのゾーンか。牡馬・セン馬が[8.5.5.94]で勝率7.1%、牝馬は[2.5.5.36]で勝率4.2%。7番人気以下の牝馬が[0.1.4.24]と3着の穴に狙ってみたい存在だ。

ローテーション・馬体重

芝1200mの重賞を使って馬体を絞ってきた馬がいい

「前走は芝1200mのJRA重賞」というタイプが[8.8.8.96]。該当しない勝ち馬は安田記念以来のレッドファルクスと香港馬だけだ。レース別ではセントウルS組(セントウルS取消のキンシャサノキセキ含む)が[5.4.3.41]、キーンランドC組が[2.1.5.35]で、この2レースからが中心。馬体重が前走より増えていると[1.2.1.60]で勝率1.6%、同じか減っていれば[9.8.9.70]で勝率9.4%と大きな差が出ている点に注意したい。

前走の人気・着順

前走人気サイド&上位着順だった馬が順当に本命候補

日本馬に限ると、前走で1番人気だった馬が[5.1.3.20]、前走2〜4番人気だと[4.7.4.46]と、馬券の中心はここまで。前走5番人気以下では[0.1.3.51]と成績はガクっと落ちる。また外国勢も含めて前走1着馬が[4.1.4.24]で勝率12.1%、2〜4着馬が[4.5.2.38]で勝率8.2%と、この2タイプの対決。前走7着以下の馬が[2.3.2.46]で、3着以内に来た7頭のうち5頭が9番人気以下。穴を狙うならこのゾーンだろう。

重賞実績

春〜前走までに短距離重賞を勝っていることが重要

過去10年の勝ち馬を見ると、カレンチャン、2016年のレッドファルクス、ファインニードル、タワーオブロンドンが前走(7〜9月)1200m重賞1着。ロードカナロア(2度とも)、ストレイトガール、2017年のレッドファルクスは2〜4走前(1〜6月)に重賞制覇、ウルトラファンタジーも春に地元で重賞勝利、スノードラゴンは3走前が高松宮記念2着。過去4走以内に重賞勝ちかG1連対があるかどうかが大きなポイントとなりそうだ。

脚質・枠順

中ほどの枠または外枠から中団に控える差し馬が優勢

過去10年、4コーナーを4番手以内で回ってきた馬は[1.5.4.34]。勝ったのは2010年のウルトラファンタジーだけだ。過去6年に限ると4コーナー7〜10番手だった馬が[6.2.1.18]と、中団から差してきた馬が連勝中。同じく過去6年でいうと、前走4コーナー6〜13番手だった馬が[6.1.5.58]なので、これが1つの目安だ。また4〜5枠が[6.4.0.29]、7〜8枠が[3.3.2.33]と、真ん中vs外枠という勢力図になっている点も特徴的だ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。