IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年4月11日(土)

11R

2020年4月11日(土) | 3回中山5日 | 15:45発走

第38回ニュージーランドトロフィー(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走成績

重賞好走馬か、重賞以外の芝マイル戦1着馬が馬券の主役

過去10年、前走が芝1400m〜1800mのG2かG3で9着以内・勝ち馬との差は0.9秒以内という馬が[8.2.6.30]で勝率17.4%、連対率21.7%、複勝率34.8%と優秀。今回1〜2番人気なら[5.0.2.1]とアタマ候補で、10番人気以下でも[2.0.0.5]と激走の可能性を秘める。前走が重賞以外なら、前走芝1600m戦・1〜2番人気で1着・2着馬との差は0.1秒以上というタイプが[2.3.0.4]で、十分に連軸候補となりそうだ。

前走までの実績

芝マイル戦や重賞での実績が成績を左右する

芝マイル戦での勝ち鞍がある馬は[6.4.4.58]で勝率8.3%。1〜2番人気に限れば[4.2.2.5]と安定する。軸にするならこのタイプか。いっぽう芝マイル戦で勝ったことのない馬は[4.6.6.70]で勝率4.7%、2〜3着が多い印象。1着になった4頭のうち3頭には芝1400m戦の差し切り勝ちがあり、4頭とも重賞で掲示板に載ったことがあった。芝1400〜1600mの実績または重賞実績が、このレースで好走するためのカギだ。

枠順・脚質

内寄りの枠から先行できる馬がベター

1〜4枠が計[7.7.6.57]の勝率9.1%。前走4コーナーで5番手以内だった馬に限れば[5.4.5.33]とさらに安定する。12番人気で勝ったエイシンオスマンとジョーストリクトリもこのタイプだった。いっぽう5〜8枠は[3.3.4.71]で勝率は3.7%止まり。こちらは逆に前走4コーナーで5番手以内だと[1.1.2.39]、6番手以下だと[2.2.2.32]と、差しタイプのほうがよさそう。内外にかかわらず偶数馬番が[7.6.6.59]と好成績を残している。

馬体重

軽い馬が苦戦。体重を絞って、かつ馬格のある馬がいい

当日の馬体重が466kgを超えていた馬は[10.8.4.75]で、勝ち馬はすべてここから出ている。逆に466kg未満の馬は[0.2.6.53]。馬体が小さいと、アストラエンブレムが1番人気4着、ケイアイノーテックが1番人気2着などと勝ち切れていない。ただし前走から馬体重が増えた馬は[2.2.4.40]で勝率4.2%、減らした馬は[7.7.4.63]で勝率8.6%。馬体を絞りながら、それでも466kg以上をキープしている馬がベスト、ということになる。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。