IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年4月26日(日)

11R

2020年4月26日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第55回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走の距離

芝1800m〜2000mを使ってきた馬が軸

前走が芝1800mだった馬は過去10年で[6.6.6.54]。前走が芝2000mだった馬は[2.3.1.42]と1800m組より率は落とすが、13番人気での2着・3着があって軽視は禁物の存在だ。この2つ以外のローテーションは[2.1.3.46]と苦しくなる。勝ったのはアネモネS1着(ここまで3戦2勝・2着1回)のチェッキーノと、ゆきやなぎ賞1着(ここまで3戦2勝・3着1回)のサトノワルキューレ。まだ底を見せていない素質馬だけが勝負できる。

前走の人気・着順と今回の人気

前走1〜4番人気&4着以内で今回3番人気以内の馬が主軸

前走1番人気馬が[4.2.1.16]、2番人気馬が[4.2.2.27]、3〜4番人気馬が[2.3.2.35]で、それ以下は[0.3.5.65]と成績を落とす。また前走1着馬が[8.4.1.41]、2〜4着馬が[2.5.4.46]、5着以下は[0.1.5.56]で、1秒以上負けていた馬は[0.0.2.19]。これらを総合して「前走1〜4番人気以内で1〜4着」という馬が[10.7.4.63]で、勝ち馬すべてが該当する。なおかつ今回1〜3番人気なら[7.4.3.11]で、これが馬券の主役だ。

実績

マイル〜中距離で人気になり勝った経験が重要

芝マイル〜2000mのレースを1番人気で勝ったことのある馬が[9.5.3.40]で勝率15.8%、連対率24.6%。1〜3番人気に限れば[7.3.2.8]と実に優秀だ。前記条件を満たさない馬は[1.5.7.103]と2〜3着に負けることが増え、勝率0.9%、連対率5.2%と率的にも大苦戦。この組で勝ったのは1800mを2連勝(3番人気と2番人気)してきたモズカッチャンだけ。短距離タイプや人気で勝ったことのない馬は割り引きたい。

前走の競馬場・間隔

中山・阪神から1か月程度の間隔で臨む馬がベター

前走が福島・中京・小倉だと[0.0.0.11]でノーチャンス。東京だった馬(主として2月以来)も[0.0.3.15]で意外と苦戦している。逆に京都からの臨戦(やはり主として2月以来)は[1.1.1.6]で、数は少ないながらも好成績。前走が中山か阪神だった馬が[9.9.6.111]、かつ中2週〜7週という臨戦過程なら[9.9.6.89]。中山・阪神組も、中1週と間隔が詰まると[0.0.0.13]、中8週以上だと[0.0.0.9]と好走は望み薄となる。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。