IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年2月23日(日)

11R

2020年2月23日(日) | 1回東京8日 | 15:40発走

第37回フェブラリーステークス(GI)

ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

レースの攻略アプローチ

厩舎と騎手

関西馬と関西の騎手が断然優位

過去10年、関東馬が[1.1.0.22]で関西馬は[9.8.10.101]。馬券に絡んだ関東馬はノンコノユメだけで完全に西高東低だ。関西馬は5番人気以下でも[2.4.4.84]と好走可能だ。地方馬も[0.1.0.4]で、2着は公営最強馬フリオーソだけ。1999年の勝ち馬メイセイオペラも含め、チャンピオン級でなければ地方馬には苦しいレースだ。ジョッキーの現所属を見ても、関東勢が[2.3.4.56]、関西勢が[8.6.5.55]と西高東低の状況が続いている。

性齢

人気サイドの4〜5歳が中心。7歳以上は穴馬に要注意

5歳馬が[5.3.5.19]で勝率15.6%、連対率25.0%。次いで4歳馬が[3.2.1.24]で勝率10.0%、連対率16.7%。1〜2番人気の4〜5歳馬が計[6.3.2.3]で勝率42.9%、連対率64.3%と抜群の成績を残していて馬券の軸となりそうだ。6歳馬は[2.2.2.32]で、成績は落ちるが注意は必要か。7歳以上は[0.3.2.52]と苦戦も、馬券に絡んだ5頭中4頭が5番人気以下だったので穴馬として一考。牝馬は[0.0.0.9]だから、出てきても大幅割引だ。

前走成績

主要ステップ5レースで上位人気・上位着順だった馬が好走する

JCダート/チャンピオンズC組、東海S組、根岸S組が3勝ずつで、この3レースからのステップが計[9.5.5.69]。特に前走1着なら[7.2.3.7]、前走1番人気なら[5.0.1.9]と信頼感が増す。前走2着以下だと[2.3.2.61]、前走2番人気以下だと[4.5.4.59]だ。東京大賞典組と川崎記念組が合計[0.5.5.20]で2着・3着候補。こちらも前走3着以内で[0.4.4.7]、前走1番人気で[0.3.1.2]と、人気で好走した馬ほど期待を持てそうだ。

枠順・脚質

内か外の枠が勝ち、中ほどの枠は差して3着

1〜2枠が[4.2.2.30]。特に3番人気以内なら[4.0.0.1]と好調で、勝ち馬4頭中3頭はゴールドアリュール産駒、残り1頭はマンハッタンカフェ産駒と、サンデーサイレンス系との相性が抜群だ。6〜8枠は[5.4.1.50]。こちらは4番人気以下で3勝と、人気が落ちても走れている。勝ち馬5頭のうち2頭は直線一気で勝利。外枠に入った追込み馬には注意したい。3〜5枠は[1.4.7.47]で「差して3着」が多いイメージだ。

馬体重

小型馬より大型馬を買いたい

当日の馬体重が500kg未満だった馬は[2.4.2.53]で勝率は3.3%どまり。500〜519kgだと[3.4.4.34]で複勝率24.4%と堅実さが増し、520〜539kgの馬は[5.2.3.34]で勝率は11.4%まで高まる。1〜3番人気に限ると500kg未満は[1.1.1.5]で勝率は12.5%、500kg以上だと[6.4.4.8]で勝率27.3%と、さらに大型馬の数字が光る。6番人気以下は、500kg未満だと[0.0.0.45]と全滅、500kg以上の馬だけが[2.1.4.55]。大型馬有利の傾向は明らかだ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。