IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年12月15日(日)

11R

2019年12月15日(日) | 5回阪神6日 | 15:40発走

第71回朝日杯フューチュリティステークス(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 |

レースの攻略アプローチ

厩舎・騎手

率では関西馬より関東馬。騎手は関西勢+外国勢が好調

過去10年で関東馬が[5.5.4.34]、勝率10.4%、連対率20.8%、関西馬は[5.5.6.98]、勝率4.4%。連対率8.8%。馬券に絡む数は互角だが、率としては関東馬が優位。6番人気以下に絞ると関東馬は[2.1.1.30]で1着もありうるが、関西馬は[0.3.2.74]でヒモ穴だ。騎手成績は真逆で、関東の騎手が[1.4.2.42]、関西の騎手(デムーロとルメール含む)が[7.3.7.80]で関西勢が圧倒。外国人ジョッキーも[2.3.1.11]で勝率11.8%と頼りになる存在だ。

前走が重賞だった馬

前走・重賞で1〜2番人気1着というタイプなら信頼できる

前走がJRA重賞だった馬は[4.9.6.67]と2着の多さが大きな特徴だ。この組は、前走1着なら[4.4.4.11]、前走2着以下だと[0.5.2.56]だから、アタマにするなら前走で勝っていることが絶対条件。前走で負けていれば2着固定という手もある。前走1〜2番人気なら[3.4.3.19]だが、前走3番人気以下だと[1.5.2.46]と2着が増える。また前走と同じ騎手が乗ると[4.4.4.45]、乗り替わりがあると[0.5.1.20]なので鞍上も要チェックだ。

前走が500万下だった馬

前走500万下1着馬が好調。特にベゴニア賞組は要チェック

前走オープン特別組は[0.0.1.22]、未勝利戦を勝ち上がってきた馬は[0.0.0.9]と、どちらもあまり買いたくない。新馬戦を勝ったばかりの馬は[1.0.0.3]でリオンディーズが王者になっているが、これはレアケース。中心は[5.1.4.30]で勝率12.5%の500万下組だろう。この組は前走2着以下だと[0.0.0.5]、前走1〜2番人気だと[4.0.3.12]。レース別ではベゴニア賞組が3勝をマークしていて、朝日杯へ向けての必勝ローテだ。

コース・距離経験

東京・新潟・京都とマイル以上の勝利経験が必須

前走が東京だと[7.8.6.61]、京都だと[2.2.1.43]、新潟だと[1.0.1.1]。これ以外の競馬場からだと[0.0.2.28]と好走は望み薄だ。上記3つの競馬場で勝ち鞍のある馬が[10.9.7.74]、勝っていない馬は[0.1.3.58]。また1600m以上のレースで勝ったことのある馬が[9.6.5.63]。1500mまでしか勝ち星のない馬は[1.4.5.69]と2〜3着惜敗が多く、朝日杯を制したのは前走で京王杯2歳Sを勝っていたグランプリボスだけである。

脚質

前走で先行、今回も先行または中団に構えるタイプに注目

4コーナーを先頭で回ってきた馬は[0.0.1.9]と逃げ馬には苦しいレース。2〜4番手の先行タイプは[4.2.3.30]で、まずまず信頼性は高い。5〜9番手の差し馬は[3.5.5.34]で2着、3着が多いイメージ。10番手以下からの追込みは[3.3.1.60]と、勝ち負けに持ち込むか惨敗かという形だ。前走の4コーナーでの位置取りでいうと、2〜4番手だった馬が[7.5.5.49]、5〜7番手以下だった馬が[3.2.1.38]で、この2タイプの争いだ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。