2019年12月8日(日)

11R

2019年12月8日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第71回農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

厩舎・騎手

人気の関東勢は信頼度高し。乗り替わりは勝ち切れない

過去10年、関東馬が[4.4.6.42]で勝率7.1%、関西馬が[6.6.4.108]で勝率4.8%。騎手は関東勢が[4.4.5.33]で勝率8.7%、関西勢が[5.5.5.109]で勝率4.0%。いずれも率は関東勢が優位だ。3番人気以内の勝率は関東馬37.5%、関東の騎手が40.0%、関西馬13.6%、関西の騎手が12.5%と、人気信頼度も関東勢が上。また前走と同じ騎手が引き続き乗った馬が[8.5.5.71]、乗り替わりがあると[2.5.5.79]と2〜3着が増えるのも特徴だ。

キャリア

中心はキャリア2戦の馬。キャリア4戦の馬にヒモ穴が潜んでいる

キャリア2戦の馬が[5.3.4.28]で勝率12.5%、連対率20.0%と、このタイプが中心勢力。次いで3戦の馬が[4.2.3.55]だが、勝率は6.3%まで下がる。キャリア1戦のみの馬が[1.0.1.14]で同じく勝率6.3%。勝ち馬を出しているのはここまでで、キャリアが4戦になると[0.4.2.29]と2着止まり。ただし馬券に絡んだ6頭中5頭は6番人気以下。穴馬が潜んでいるタイプだ。5戦以上も使われている馬は[0.1.0.24]と、好走は望み薄となる。

前走新馬・未勝利・500万下組

500万下(1勝クラス)の芝1400m・1600m戦を人気で勝ってきた馬に注目

前走が500万下だと[2.2.2.47]。馬券に絡んだ6頭の共通点は、前走1着、前走5番人気以内、前走は東京か京都の芝1400mまたは芝1600m。また6頭中5頭は2着に0.1秒以上の差をつけて勝っていた。これらすべての条件を満たす馬は[2.2.1.18]、それ以外の馬は[0.0.1.35]と大きな成績差が出ている。前走が新馬戦だと[1.0.1.14]で、一応の注意は必要か。前走が未勝利戦だと[0.0.0.9]なので軽視したい。

前走オープン・重賞組

マイルか1800mのオープンか重賞・人気で連対した馬が中心

前走がオープン特別か重賞だった馬が[7.8.7.77]、勝率7.1%、連対率15.2%で主力。前走1着なら[5.4.2.22]で勝率15.2%、2着でも[2.2.3.12]で勝率10.5%と好調だが、3着以下は[0.2.2.43]と時々2〜3着に来る程度だ。前走1〜2番人気なら[6.3.3.26]と安定するが、3番人気以下なら[1.5.4.51]と惜敗が増える。前走が1200mだと[0.0.0.10]と苦戦し、前走が1600mまたは1800mなら[5.5.3.29]と有力度は増しそうだ。

枠・脚質

枠は最内か外寄りがベター。好位勢vs中団からの差し馬という図式

1枠が[3.0.0.17]、6〜8枠が[6.4.5.65]で、間の2〜5枠は[1.6.5.68]と2〜3着が多いことが特徴。また前走4コーナーを2番手以内で回ってきた馬は[1.1.1.34]と、逃げ馬は勝ち切れていない。逆に9番手以下にいた馬も[0.6.0.38]。追い込んで2着というイメージだ。3〜4番手にいた馬が[4.2.5.37]、6〜8番手で回ってきた馬が[5.1.2.29]。勝ち馬のほとんどが、このいずれかのタイプとなっている。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。