2019年9月15日(日)

11R

2019年9月15日(日) | 4回阪神4日 | 15:35発走

第37回関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)

芝・右・外 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

レースの攻略アプローチ

前走からの間隔

オークス以来の久々という馬がレースの中心

レース間隔を見ると、連闘〜中3週という馬が[0.2.3.36]なのに対し、中4〜8週だと[2.2.4.22]、中9週以上で[8.6.3.66]と間隔が延びるごとに成績アップ。8月に使われてきた馬より1か月ぶりor春以来というタイプが上位に来るレースだといえる。中でも前走がオークスだった馬は[8.4.2.36]で勝率16.0%と優秀。オークス4着以内なら[7.3.0.8]、オークス1〜3番人気なら[5.3.1.6]だから、まずはこの条件の該当馬が中心だ。

前走の着順

前走オークス4着以内+500万下の1着馬が軸

前述の通り、前走がオークス4着以内だった馬が[7.3.0.8]。また500万下で1着だった馬が[2.2.1.21]で、この2タイプの合計が[9.5.1.29]と安定。以上の条件に該当しない馬は[1.5.9.95]と2〜3着候補だ。このタイプで連対した6頭のうち4頭は重賞で掲示板に載った経験の持ち主。また3着馬9頭のうち7頭は前走1000万下で1〜6着、勝ち馬からコンマ6秒差以内という成績だった。こうしたタイプを2〜3着の穴候補として考えたい。

重賞実績

重賞で3着以内に来た経験が欲しい

JRA重賞で3着以内に入った経験を持つ馬が[7.5.4.46]、勝率11.3%と好調。逆に重賞3着以内未経験馬は[3.5.6.76]で勝率は3.3%。このグループから出た勝ち馬は、スイートピーS1着&オークス4着のブロードストリート、前走・札幌の500万下で直線一気の追込みを決めたタッチングスピーチ、前走・中京の500万下でやはり強烈な追込みを決めたラビットラン。基本的には重賞で上位に顔を出したことのある馬を上位と考えるべきだ。

脚質

逃げ・先行タイプより差し・追込みタイプを重視したい

前走で4コーナーを1〜3番手で回ってきた馬は[0.2.3.33]、4〜7番手だった馬も[1.4.5.43]で、計[1.6.8.76]。逃げ〜中団の前寄りでレースを進めるタイプは勝ち切れずに2〜3着、というイメージだ。前走4コーナー8番手以下だった馬が[9.4.2.44]で勝率15.3%、そのうち今回1番人気に限れば[4.1.0.2]で勝率57.1%。差し・追込みタイプの人気馬を中心に考えるべきレースだろう。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。