IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年4月6日(土)

11R

2019年4月6日(土) | 2回阪神5日 | 15:35発走

第62回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

レースの攻略アプローチ

厩舎と騎手

関西馬の大穴激走に注意。ジョッキーは関西勢が優位だ

関西馬は[7.7.10.96]で勝率5.8%。1〜4番人気で5勝と手堅い半面、9、11番人気でも勝っていて大穴狙いなら関西馬か。関東馬は[3.3.0.31]で勝率8.1%。3勝は7、2、4番人気、2着3回は5、7、4番人気と、中穴気配を漂わせている。ただし1600mになってからの3年は関西馬が1・2・3着を独占している点には要注意だ。また騎手は、美浦所属だと[1.1.0.22]、栗東所属が[9.8.9.103]と関西優位の傾向を示している。

前走成績

前走1番人気で勝っていた馬から流すのが本線

前走1着なら[7.3.3.24]、前走2着馬は[0.0.0.6]、3〜5着だと[2.5.4.19]、6〜9着で[1.1.1.26]、10着以下は[0.1.2.53]。前走1着馬から適度に負けていた馬へ流すのが基本戦略か。また前走が準オープンだと[3.3.2.25]、オープンなら[3.2.0.30]。重賞以外からの臨戦でも好走可能だ。前走1番人気も[4.2.2.11]と好調。また1600mになってからの3年は、1〜3着馬のべ9頭のうち7頭が前走でマイル以上のレースを使っていた。

年齢・馬体重

若い4歳馬の上昇力が中心となるレース。大型馬は苦戦する

年齢別成績は、4歳馬が[6.7.5.51]の勝率8.7%、馬券圏内の半数以上を占めている。6番人気以下に限ると、4歳馬が[2.2.1.39]、5歳以上が[1.1.2.61]で、穴馬を狙う場合も4歳勢から探すのがよさそうだ。また馬体重480kg以上の馬は[1.2.2.33]と大型馬が苦戦し、前走から馬体重を増やした馬も[2.6.4.47]と2着3着に負けることが多い印象。ここへ向けて馬体を絞ってきたorキープしているタイプを中心に考えたいところだ。

血統

父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系が強い

サンデーサイレンス(SS)系種牡馬の産駒が[8.8.6.66]。マイル戦になってからの3年間では[3.3.3.22]と上位独占中だ。1〜3番人気で[4.5.2.9]、6番人気以下でも[3.2.1.52]と人気にかかわらず走れるのも強み。またSS系の勝ち馬のべ8頭中6頭が母父ノーザンダンサー系。SS系×母父ナスルーラ系の[0.1.0.15]、SS系×母父ミスタープロスペクター系の[0.2.1.11]を遥かに上回る成績で、このレース向きの配合といえそうだ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。