2019年3月17日(日)

11R

2019年3月17日(日) | 1回阪神8日 | 15:35発走

第67回阪神大賞典(GII)

芝・右 3000m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走の内容

前走・長距離重賞で人気に応えて入着した馬が強い

傾向分析でも述べた通り「前走が2200m以上の重賞で5着以内」という馬が[8.3.4.24]で勝率21.1%のハイアベレージを誇る。この条件をクリアしていない馬は[2.7.6.57]で2〜3着候補だ。また前走が有馬記念、日経新春杯、ダイヤモンドS、京都記念、AJC杯だと[10.8.7.45]。このうち前走1番人気なら[5.3.0.0]と安定感抜群。前走10番人気以下だと[0.2.0.22]で、この組から馬券に絡んだ2頭の前走は有馬記念だった。

距離・重賞実績

長距離戦の勝ち星&重賞3着以内の実績は必要

過去10年の勝ち馬8頭のうち4頭は芝2200m以上の重賞勝ち鞍を持っていた。残り4頭には2400m以上の重賞で3着以内に入った経験がある。また1〜3着馬25頭のうち、芝2200m以上のレースで勝ったことがなかったのは4頭だが、菊花賞3着ナムラクレセント、ジャパンC2着デニムアンドルビー、菊花賞2着レインボーライン、京都新聞杯2着サトノクロニクルという顔ぶれ。2200m以上の重賞で格負けしない強さは必須といえる。

厩舎・騎手

関東馬、関東の騎手、乗り替わりのあった馬は不利

過去10年、関西馬が[10.8.10.62]と馬券対象のほとんどを占める。関東馬は[0.2.0.18]、5番人気以下だと[0.0.0.15]だ。騎手も関西勢(ルメールとデムーロ含む)の[9.8.9.62]に対して関東勢は[1.2.0.13]で、うち5番人気以下だと[0.0.0.11]。連対馬3頭は単勝オッズ110円〜510円の人気サイドだった。また前走から騎手の乗り替わりのあった馬が[4.4.5.61]で勝率5.4%、前走と同じ騎手なら[6.6.5.20]で勝率16.2%となっている。

人気と枠順

人気上位の馬が順当に活躍。枠は内と外が好調

1番人気が[5.2.2.1]で勝率50.0%、2〜3番人気が[4.2.3.11]で勝率20.0%、4〜7番人気が[1.6.5.28]で勝率2.5%、8番人気以下が[0.0.0.41]と、完全に人気と成績が比例している。人気サイドを軸に考えていいレースだろう。また1〜3枠が[3.3.4.22]で複勝率31.3%、4〜5枠が[0.1.2.23]で複勝率11.5%、6〜8枠が[5.2.2.28]で勝率13.2%、複勝率32.1%。内と外の枠を中心に馬券を組み立てたいところだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。