2019年11月10日(日)

11R

2019年11月10日(日) | 5回京都4日 | 15:40発走

第44回エリザベス女王杯(GI)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

年齢・人気

人気に関係なく走れる4歳vs人気サイドの3歳vs5歳の穴馬

毎回焦点となるのが3歳と古馬の比較。3歳は[3.4.3.31]で勝率7.3%とマズマズの成績。5番人気以内で[3.3.3.13]なので、人気サイドは押さえておきたい。4歳勢が[5.3.6.41]で勝率9.1%と好調。5歳は[2.2.1.50]で勝率3.6%、6歳以上は[0.1.0.21]と苦しんでいる。4歳は5番人気以内で[4.1.5.9]と成績アップ。6番人気以下でも[1.2.1.32]と走れる。5歳は6番人気以下で[2.1.0.45]と穴っぽいのが特徴だ。

前走の格と成績

前走は秋華賞または国内G2で5着以内であることがベスト

前走が秋華賞以外のG1だと[0.0.2.3]、G3以下だと[0.1.1.60]。これに対して秋華賞組が[2.3.3.21]、オールカマーなど国内G2組が[6.6.4.56]、合わせて[8.9.7.77]。残りの2勝は外国馬スノーフェアリーだから、実質この2つのステップだけがベストといえる。この2つのステップで前走5着以内だった馬が[7.7.4.39]で主力。前走6着以下でもクィーンスプマンテの激走があるなど[1.2.3.38]なので一応の注意は必要だ。

前走人気・脚質

前走1番人気や逃げていた馬の不振には要注意

前走が秋華賞組または国内G2だった馬が[8.9.7.77]であるわけだが、この組は前走で1番人気だと[0.2.4.6]と未勝利。2〜5番人気が[5.4.3.34]と安定している。前走6番人気以下は[3.3.0.65]で、連対したのはすべて古馬。つまり秋華賞で人気薄だった馬は苦しい。またこの組は前走4コーナー3番手以内だと[2.6.0.11]で、前に行く馬は2着惜敗が目立つ。前走4コーナー4〜8番手が[5.2.3.29]。中団より前から差す馬を狙いたい。

重賞実績・距離実績

重賞勝ち鞍か2000m以上の1着が必要

過去10年の勝ち馬9頭のうち、芝2000m以上の重賞勝ち鞍を持っていたのがスノーフェアリー、メイショウマンボ、モズカッチャンの3頭。残りの6頭は、クィーンスプマンテが2600m戦で2勝、レインボーダリアは2000mで準オープン卒業、ラキシスとマリアライトは2000m以上で3勝、クイーンズリングは重賞3勝、リスグラシューは重賞2勝。中距離以上の実績か重賞実績、どちらもない馬では勝利は遠くなりそうだ。

出走間隔と騎手乗り替わり

9月〜10月に使われている馬がベター。騎手の乗り替わりはマイナス

前走から中2週以内の出走(主に条件戦を勝ってきた馬)は[0.0.1.11]と、かなり苦しい。中9週以上の休養明け(春以来・夏競馬以来や宝塚記念組)も[0.0.3.16]と不振だ。中3週〜8週、おおむね9月〜10月半ばのレースを使われた馬が[10.10.6.116]で、常識的なローテーションがベスト。また前走と同じ騎手が乗ると[7.7.9.72]、乗り替わりがあると[3.3.1.71]。乗り替わって勝ったのは、このレースで外国人騎手が乗った場合だけだ。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。