2019年4月28日(日)

11R

2019年4月28日(日) | 3回京都3日 | 15:40発走

第159回天皇賞(春)(GI)

芝・右・外 3200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

年齢と厩舎

年齢別成績は互角だが、古豪関東馬vs充実期関西馬の図式

4歳馬が[3.1.5.36]で勝率6.7%、5歳馬が[4.4.1.39]で8.3%、6歳馬が[3.3.2.27]で8.6%と、ここまではほぼ互角。7歳以上は[0.2.2.45]、キャリア31戦以上の馬も[0.2.1.38]と、実戦経験が増えると途端に成績は落ちてしまう。関東馬が[4.2.1.38]の勝率8.9%で、4勝中3勝が5〜6歳。いっぽう[6.8.8.106]で勝率4.7%の関西馬は4歳馬が2勝、5歳馬が3勝している。5〜6歳の関東馬vs4〜5歳の関西馬という図式のレースである。

脚質

前走で先行して連対した馬の成績が優秀

4コーナーを5番手以内で回ってきた馬が[8.7.6.37]で勝率13.8%。好位に構えてレースを進めたい一戦だ。逆に4コーナー7番手以下だと[1.3.4.104]。差し・追込み馬は届きにくい。前走の位置取りを参考にすると、4コーナー6番手以内だった馬が[10.5.7.89]と勝ち馬すべてが含まれる。4コーナー7番手以下だと[0.5.2.55]。「前走4コーナー6番手以内で1〜2着」というタイプが[8.3.4.36]の勝率15.7%と成績優秀だ。

前走の着順と人気

3つの重賞で人気・着順とも上位だった馬が中心

阪神大賞典組が[3.2.5.48]、日経賞組が[3.3.2.47]、大阪杯組が[3.3.1.10]で、この3つのローテーションが主力。前走の着順に着目すると、1〜2着だった馬の[8.6.7.50]に対して3着以下だった馬は[2.4.3.97]。前走10着・勝ち馬から4秒差という惨敗から巻き返したビートブラックの例はあるものの、前走で0.6秒以上負けていた馬は[1.2.3.75]と常識的には厳しい。前走で10番人気以下だった馬は[0.0.1.19]と、ほぼノーチャンスだ。

重賞実績と距離実績

芝2400m以上のレース、できれば重賞で好走した馬が望ましい

過去10年の勝ち馬8頭のうち5頭が芝2000m以上の重賞勝ち馬、残り3頭には2400m以上の重賞で連対経験があった。また6頭が芝2400m以上のレースで勝った経験を持っている。重賞勝ち鞍も芝2400m以上のレースで勝った経験もないまま天皇賞(春)を制したのはマイネルキッツだけだが、芝2400m以上のレースを走ったのは前走・日経賞が初めてで、そこで2着に差してきている。各馬の重賞実績と長距離実績はしっかりとチェックしたい。

穴馬

穴なら関西馬、サンデーサイレンス系、前走好走、1枠

過去10年、単勝オッズ10倍以上の馬の成績は[4.5.5.125]。つまり1〜3着馬のべ30頭のうちほぼ半数がこのグループだった。この14頭を見ると、関西馬が9頭、サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が11頭、前走1〜3着馬が9頭、前走から騎手の乗り替わりがなかった馬が11頭、前走が2500m以上だった馬が9頭。また勝ち馬4頭中3頭が1枠だった。このあたりの条件が穴馬発見のポイントとなりそうだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。