2019年3月10日(日)

11R

2019年3月10日(日) | 2回中京2日 | 15:25発走

第55回金鯱賞(GII)

芝・左 2000m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

厩舎・騎手

関西馬と関東馬は互角だが騎手は関西勢が優位

ここでは「3月・中京芝2000m・4歳上の重賞」の過去10年データとして2009年〜2011年の中京記念(ただし2011年は小倉で実施)、2012年〜2016年の中日新聞杯、2017年〜2018年の金鯱賞を見ていく。関西馬が[7.9.9.95]で勝率5.8%、関東馬が[3.1.1.41]で勝率6.5馬とほぼ互角だが、騎手では栗東勢が[7.7.7.75]で勝率7.3%、美浦勢が[2.3.2.55]で勝率3.2%と差がついている。外国人騎手も[1.0.1.5]で注意すべき存在だ。

前走の成績

前走重賞で高評価・好結果が今回好走の条件

前走が重賞だった馬が[8.8.7.101]。前走7着以内で[8.6.4.51]、前走0.5秒差以内の負けで[6.6.3.35]、前走4番人気以内で[5.3.2.26]。また前走マイル戦だと[0.0.1.13]、2600m以上だと[0.0.0.8]だから「中距離重賞で高評価・善戦」というタイプが中心だ。前走が準オープン〜オープンだと[2.1.2.33]と苦しくなるが、馬券に絡んだ5頭は9〜15番人気、3頭は前走で1〜2着。前走で好走したのに人気を落とした馬の激走には要注意だ。

脚質

中団からの差し馬が1着候補

逃げた馬は[0.2.1.7]、4コーナーを2〜4番手で回ってきた馬も[3.6.2.26]と差されている。4コーナー6〜10番手の差し馬が[7.1.6.35]で勝利にもっとも近い。前走の位置取りを参考にすると、4コーナー先頭だと[0.0.0.9]、2〜4番手だと[2.4.6.26]、5〜12番手だと[7.5.2.80]で、今回の脚質別成績とほぼ連動している。13番手以下だった馬は[1.0.1.20]と苦戦。本命・馬券の軸にするなら中団から差してくるタイプだ。

過去2年

この2年は中距離実績のある関西馬が好走

G2の金鯱賞として実施された過去2年の成績だけを見ると、1〜3着に入った計6頭はすべて関西馬、すべて関西の騎手。前走は有馬記念組が2頭、凱旋門賞からの帰国初戦が2頭、小倉大賞典4着馬と白富士S勝ち馬が各1頭という顔ぶれ。また6頭とも芝1800m〜2200mで2勝以上をマークしていた。1〜2番人気が計3頭、7〜13番人気が3頭で、本命サイド+穴馬という決着。2年とも2着には逃げ馬が粘っているのも特徴だ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。