IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年12月28日(土)

11R

2019年12月28日(土) | 5回中山9日 | 15:30発走

第36回ホープフルステークス(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走の距離

芝2000mで好走した人気サイドが抜群の安定感

前走がダートだった馬は[0.0.0.7]と、さすがに厳しい。前走が芝だった馬のうち、前走距離が1600m以下だと[0.3.1.13]、1800mだと[2.5.7.40]、これら距離延長組は合計で[2.8.8.53]と2〜3着に惜敗することが多い。芝2000mからの臨戦馬は[8.2.2.52]で勝率12.5%。ただし前走4着以下だと[0.0.0.14]と勝負にならない。前走芝2000mで1〜2番人気・3着以内、かつ今回4番人気以内なら[8.1.1.6]で勝率は50.0%と抜群の成績だ。

前走のクラス

前走重賞・オープン特別組か、新馬戦を人気で快勝した馬が軸

前走で新馬戦を勝ち上がったばかりの馬は[3.0.3.15]で勝率14.3%。前走1〜2番人気に限れば[3.0.2.6]とさらに成績はアップする。前走が未勝利戦だと[0.1.1.31]と苦戦し、500万下組も[1.3.3.25]。500万下組は前走連対なら[1.3.3.9]、前走1番人気なら[1.2.3.2]なので「前走人気で連対」が今回好走に必要な条件だ。前走がオープン特別だと[4.1.0.19]で勝率16.7%、重賞組は[2.5.3.21]で連対率22.6%と、信頼度は高い。

生まれ月・デビュー月

2月生まれが強く、夏デビュー組より秋デビュー馬が優勢

2月生まれの馬が[6.1.5.17]で勝率20.7%と強く、3月生まれは[2.5.3.35]、4月生まれは[1.4.2.32]、5月生まれは[1.0.0.19]と、生まれが遅くなるにつれて成績も落ちていく傾向にある。また6月デビューの馬は[1.4.0.15]、7〜8月デビューだと[2.4.3.38]、9〜10月デビュー馬は[4.1.3.31]、11〜12月デビュー馬は[3.1.4.26]。夏(8月まで)より秋デビュー馬のほうが良績を残しているレースだ。

血統・生産者

ノーザンファーム出身のサンデーサイレンス系が安定

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[7.8.6.68]、それ以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の子が[1.0.0.9]。また母父がサンデーサイレンス系/ヘイルトゥリーズン系というタイプが[5.2.4.36]。どちらにも該当しない馬は[0.1.0.11]と厳しい。生産者別成績はノーザンファームが[6.1.4.18]で勝率20.7%と他を圧倒。社台ファームと白老ファームも1勝ずつで、以上3牧場の生産馬が4番人気以内なら[8.1.4.9]と安定感を抜群だ。

枠・脚質

内の枠が有利、外枠は苦しむ。逃げ馬も不振

1〜4枠の合計が[6.4.6.50]で勝率9.1%、5〜8枠が[4.6.4.62]で勝率5.3%と、内の枠がやや優位。8枠は未勝利で、馬番11より外は[0.4.2.40]でやはり未勝利。外枠に入ると不利なレースだ。また4コーナーを1〜2番手で回ってきた馬は[0.3.2.23]と逃げ馬は勝ち切れない。前走4コーナーを2〜5番手で回ってきて、かつ3着以内だった馬が[6.5.6.43]とコンスタントに馬券に絡んでいる。好位でレースを進めるタイプを買いたい。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。