2019年2月24日(日)

11R

2019年2月24日(日) | 2回中山2日 | 15:45発走

第93回中山記念(GII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

厩舎・騎手

穴っぽい関西馬は馬券に組み込んでおきたい

関東馬が[7.4.5.57]で勝率9.6%、関西馬が[3.6.5.35]で勝率6.1%と関東馬がやや有利。ただし4番人気以下に絞ると関東馬が[1.2.4.51]、関西馬が[0.6.2.26]。2〜3着に来た関西馬8頭は単勝オッズ6.2倍〜26.7倍だった。伏兵関西馬を馬券に組み込むことを忘れないようにしたい。騎手は関東勢が[6.4.4.72]で勝率7.0%、関西勢(デムーロとルメール含む)が[4.5.4.15]で勝率14.3%と、率では関西勢がやや優位に立っている。

枠順

逃げ馬は差されるが人気薄の粘りには要注意

前走で4コーナー先頭だった馬は[0.1.2.10]。このレースで4コーナー先頭だった馬も[0.3.2.5]だから逃げ馬は差される運命だ。ただ、単勝オッズ10倍以上の馬は[1.5.5.68]で、馬券に絡んだ11頭のうち5頭は逃げた馬。逃げ馬は人気薄でも2〜3着候補から外さないようにしたい。勝ち馬候補・連軸としては、ベストは前走4コーナー2〜4番手の先行タイプで[4.4.4.22]。次いで前走4コーナー7〜9番手の差し馬が[4.3.1.20]だ。

馬場と人気

良・稍重馬場なら人気サイド、重・不良に悪化すれば穴狙い

馬場が良・稍重の場合、1〜2番人気が[6.1.2.7]、3〜5番人気が[2.6.3.13]、6番人気以下が[0.1.3.51]で、人気サイドの決着が濃厚。ところが重・不良になると1〜2番人気は[0.0.0.4]と馬券に絡めず、3〜5番人気が[1.0.2.3]、6番人気以下が[1.2.0.14]と穴の出る確率が高まる。ただし馬場状態にかかわらず単勝オッズ50倍以上の馬は[0.0.0.35]と激走の望みは薄いという点を覚えておきたい。

中距離・重賞の実績

勝つには中距離重賞1着の経験が必要

勝ち馬を見ると、カンパニー、ヴィクトワールピサ、フェデラリスト、ナカヤマナイト、ジャスタウェイ、ヌーヴォレコルト、ドゥラメンテ、ネオリアリズム、ウインブライトの9頭には芝1800mまたは2000mの重賞勝ち鞍があった。唯一の例外は不良馬場だった2010年の勝ち馬トーセンクラウンだ。また2着馬10頭のうち8頭が重賞ウィナー。素直に「中距離の重賞勝ち馬から重賞ウィナーへと流す」という馬券を考えたい。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。