IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年5月19日(日)

11R

2019年5月19日(日) | 2回東京10日 | 15:40発走

第80回優駿牝馬(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 |

レースの攻略アプローチ

脚質

買うなら差し馬からが鉄則

4コーナーを4番手以内で回ってきた馬は[1.3.1.41]で勝ったのはソウルスターリングだけ。前走で4コーナー先頭だった馬は[0.0.1.10]というデータもあり、前へ行く馬は不利と考えていい。逆に前走4コーナー7番手以下だった馬が[8.5.5.71]、今回4コーナー7番手以下の馬が[8.4.6.90]で中心的存在。さすがに4コーナー16番手以下だと[0.1.0.18]と届かないが、馬券は中団〜後方に控える差し馬から組み立てるのがセオリーだ。

前走成績

桜花賞上位馬優位。別路線なら人気で勝利した中距離タイプがいい

桜花賞からの直行組は、桜花賞1着馬が[4.1.0.4]、2〜3着馬が[3.3.4.8]、4着以下だと[1.1.1.47]と、前走と今回の成績はほぼ比例。桜花賞組以外から出たオークス馬(フローラSからはサンテミリオン、忘れな草賞からエリンコートとミッキークイーン)は、いずれも前走1着。中距離戦で勝っていることが必須条件だ。前走が何であっても、前走1〜2番人気で[9.4.6.36]、3〜5番人気で[2.4.2.40]、6番人気以下は[0.1.2.71]だ。

実績

オープン・重賞やマイル以上での実績と信頼感の高さが必要

中央のオープンまたは重賞の勝ち鞍を持つ馬の成績は[10.6.7.74]。逆にオープン・重賞勝ちのない馬は[1.3.3.73]と苦戦し、勝ったのはヌーヴォレコルトだけだ。また芝マイル以上で勝ち鞍のない馬は[0.0.0.17]、1番人気での1着がない馬は[1.3.3.70]で勝ったのはエリンコートだけ。オープン・重賞、芝マイル以上での実績や、レースで人気を集めて勝った経験を素直に信頼して買うのが良さそうだ。

騎手

関西の騎手が優勢。乗り替わりはマイナスに作用する

関西の騎手(デムーロとルメールを含む)が[8.4.5.55]で勝率11.1%、関東の騎手は[3.5.5.84]で勝率3.1%とアベレージには3倍以上の差がある。馬と騎手とのコンビネーションも重要で、前走と同じ騎手が乗った馬の[10.7.9.84]に対し、乗り替わりがあると[1.2.1.63]と一気に成績ダウン。乗り替わっても勝ったのは、岩田康誠が騎乗停止のため川田将雅に乗り替わったジェンティルドンナだけとなっている。

血統・生産者

好相性の配合とオークスに自信を持つ生産者に要注目

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[8.5.9.90]。率が抜けていいわけではないがオークスの中心勢力といえる存在だ。特に母父がノーザンダンサー系種牡馬だと[7.4.3.33]で勝率15.2%、このうち5番人気以内が[6.4.2.6]で勝率33.3%と信頼感はグっと上がる。またノーザンファーム生産馬が[6.6.6.29]の勝率12.8%と優秀な数字。社台ファーム生産馬も[4.2.2.25]の勝率12.1%と負けていない。この2牧場生産馬は必ず買いたい。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。