2019年5月5日(日)

11R

2019年5月5日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走

第24回NHKマイルカップ(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

レースの攻略アプローチ

前走

前走1600〜1800mの重賞で上位人気・上位着順という馬が軸

過去10年では前走ニュージーランドトロフィー組が[5.1.3.55]、桜花賞組が[2.0.0.11]など重賞組が[10.8.9.117]。1600〜1800mの重賞に限ると[9.6.5.91]、うち前走3着以内に絞ると[6.5.2.36]、前走で1〜3番人気に推されていると[7.4.0.29]と、こうしたタイプが最有力といえる。オープン特別や条件戦からの臨戦では[0.2.1.33]と成績ダウン。ただし橘S勝ち馬2頭が13番人気と17番人気で馬券に絡んでいるので要注意だ。

実績

マイル〜1800m戦、マイル重賞、前走での好走歴が欲しい

芝1600〜1800m戦で勝ち鞍のあった馬が[8.6.6.86]。この条件を満たさない馬は[2.4.4.64]で、勝ったジョーカプチーノはニュージーランドトロフィー3着馬、アエロリットはマイル重賞で2着2回。2着馬4頭も、ニュージーランドトロフィー2着馬、前走ファルコンSまで3連勝の馬、前走橘S1着馬、全日本2歳優駿勝ち馬。レベルの高い重賞での連対経験か、前走快勝の勢いか、どちらかを持っていた馬たちだ。

脚質

番手追走組が意外と不振。追込み一手の馬にも厳しいレース

カレンブラックヒル、ミッキーアイル、メジャーエンブレムが1番人気で逃げ切っているように、近年は逃げ馬が活躍。前走4コーナーを先頭で回ってきた馬が[3.1.0.12]の勝率18.8%だから侮れない。いっぽう前走4コーナー2〜3番手だった馬が[1.2.4.28]と番手追走組がやや不振。また前走4コーナー10番手以下だった馬も[1.1.4.46]で、勝ったのはアエロリット(桜花賞5着)だけ。実績のない追込み馬の勝利も難しそうだ。

血統

父・母父ともサンデーサイレンスの血を重視

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[7.4.6.62]、勝率8.9%は主要系統中トップだ。1番人気に限れば[4.0.0.1]と高い信頼度を誇り、2ケタ人気でも[2.0.2.27]と激走している。また母父サンデーサイレンス系という馬も[3.3.2.27]なら上々。父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬というタイプは[3.6.4.93]で計13頭が馬券に絡んでいるが、勝ち馬3頭を含めて8頭が母父サンデーサイレンス系。このレースに欠かせない系統といえる。

穴馬

激走穴馬を見つけ出す工夫が高配当ゲットへの道

6番人気以下の馬は[3.3.7.117]。この組だけに限定して見ていくと、馬体重が500kgを越すと[0.0.0.16]、前走がマイル戦以外だと[0.2.4.54]、前走5番人気以下だと[0.0.4.70]、前走10着以下だと[0.0.3.25]、前走0.6秒以上負けていると[0.0.3.52]、前走4コーナー10番手以下だと[0.0.3.36]と買いにくくなる。前走マイル戦で人気、中団より前につけ、0.5秒差以内・9着以内に来ていて、それほど大きくない、というタイプが激走しそうだ。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。