2019年4月27日(土)

11R

2019年4月27日(土) | 2回東京3日 | 15:45発走

第26回テレビ東京杯青葉賞(GII)

芝・左 2400m | 天気:小雨 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走重賞組の取捨

前走重賞で6番人気以内・7着以内・勝ち馬と0.7秒差以内

前走が重賞だった馬は[4.2.1.39]。毎日杯3着馬、弥生賞7着馬と6着馬、スプリングS7着馬が勝っている。これら4頭はすべて前走で6番人気以内、勝ち馬からコンマ7秒差以内という結果。そこで「前走重賞で6番人気以内・7着以内・勝ち馬との着差0.7秒以内」という条件でふるいにかけると[4.1.1.12]。該当馬は買っておきたいところだ。前走8着以下は[0.0.0.12]、0.8秒差以上負けは[0.0.0.17]とかなり苦しい。

前走500万下組の取捨

前走が芝2200m以上・1〜2番人気・3着以内なら好走可能

前走が500万下だった馬は[5.7.8.68]。確率的には重賞組より低いものの十分に通用する。前走1着馬が[4.6.7.39]で中心だが、前走2〜3着でも[1.1.0.12]と勝ち負けは可能。前走1〜2番人気だと[5.5.6.27]、前走が芝2200m以上なら[5.7.7.40]だ。そこで「前走が芝2200m以上で1〜2番人気・3着以内」とすると[5.5.5.15]。これが取捨選択の条件だ。前走が2000m以下だと[0.0.1.28]と苦戦。未勝利戦組も[0.0.0.13]で用なしだ。

脚質・馬体重

逃げ・先行馬は苦戦。馬体重を増やしてきた馬が優位

直線の長い府中だけに、逃げ・先行から押し切るのは困難だ。前走の位置取りを参考にすると、4コーナー3番手以内だった馬は[1.4.5.48]と2〜3着の多さが特徴。逆に4コーナー10番手以下だった馬は[3.1.1.30]だから、追込み一辺倒でも届きそう。また当日の馬体重が460kg未満の馬は[0.2.3.24]と苦戦。馬体重が減った馬が[3.6.9.73]と2〜3着に負けるのに対し、馬体重増の馬は[6.2.1.38]と勝ち切っている点も見逃せない。

血統

ヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が中心。芝2400m型が強い

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[7.7.9.70]、それ以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[2.0.0.18]で、合わせて[9.7.9.89]。勝ち馬の父はディープインパクト、ハーツクライ、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、ステイゴールドと芝2400mのG1で活躍した馬が目立つ。非ヘイルトゥリーズン系は[1.3.1.50]で、勝ったのはやはり芝2400mのG1勝ち馬キングカメハメハの産駒だった。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。