IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年12月22日(土)

11R

2018年12月22日(土) | 5回阪神7日 | 15:45発走

第13回阪神カップ(GII)

芝・右 1400m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 定量 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 |

レースの攻略アプローチ

性齢・馬体重

勝ち切るのは年齢を問わず500kg以上の大型牡馬

牝馬は過去10年で[0.0.0.21]と馬券に絡めていない。1番人気アドマイヤセプターが7着に敗れるなど、信頼度はかなり低い。年齢別成績は3歳が[1.3.2.27]、4歳が[2.2.3.24]、5歳が[2.3.2.41]、6〜7歳の高齢馬も[5.3.2.53]で、[0.0.0.6]の8歳馬以外は幅広く目を光らせておきたい。また馬体重500kg未満の馬が[1.8.6.88]と惜敗し、500kg以上の大型馬が[9.3.3.57]の勝率12.5%と勝ち切っているのも特長的だ。

臨戦過程

前走は重賞で5番人気以内がベスト。順調度も重視

前走が重賞だった馬が[8.11.8.94]、条件戦やオープン特別だった馬は[2.0.1.51]、ハンデ戦だった馬は[1.1.2.31]。直近の重賞(定量・別定)経験がアドバンテージとなるレースだ。前走が重賞かつ5番人気以内だった馬が[6.4.4.28]なので、この範囲に属する馬を中心に考えたい。また前走から3〜7週というローテーションだった馬が[9.7.8.102]、それ以外の馬が[1.4.1.43]。順調に使われていることも勝利の条件といえるだろう。

マイル実績

スプリント戦よりマイルでの実績を重視

創設以来の12年で、オープン〜重賞のマイル戦で勝利した経験のないままこのレースを勝ったのはマルカフェニックスとロサギガンティアだけ。マルカフェニックスは3着ならあり、ロサギガンティアは1800mの重賞勝ち&マイルのオープン特別2着があった。また前走で4コーナーを先頭で回ってきた馬は[0.0.1.13]。スプリント実績やスピード能力より、格の高いマイル戦でも通用する切れ味や底力が問われるレースといえそうだ。

血統

勝ち負けのためにはヘイルトゥリーズンの血が不可欠

過去10年の勝ち馬すべてと、2着馬のべ11頭(同着が1回あった)のうち7頭、3着馬9頭のうち6頭は父がヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系含む)種牡馬。該当しない2着馬3頭は母父がサンデーサイレンスだ。ヘイルトゥリーズンの血、特にサンデーサイレンスの血が好走には不可欠といえる。ヘイルトゥリーズンの血を持たず馬券に絡んだ(3着)3頭は、すべて父がナスルーラ系種牡馬。この系統にも要注意だろう。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。