2018年9月23日(日)

11R

2018年9月23日(日) | 4回阪神7日 | 15:35発走

第66回神戸新聞杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

人気・オッズ

軸も相手も人気サイド。大穴の大激走は望めない

1番人気が[7.2.0.1]、2番人気が[1.2.3.4]、3番人気が[1.2.2.5]で、人気上位3頭の合計は[9.6.5.10]。人気サイドが馬券の中心だ。4番人気以下が[1.4.5.108]で2〜3着によく来る印象。ただし10番人気以下は[0.0.0.58]で大穴が激走することはない。単勝オッズで見ると10倍未満が[9.6.5.13]、10倍〜49.9倍が[1.3.4.36]、50倍以上が[0.1.1.69]。人気サイドを軸に、相手は人気サイド+穴という組み合わせでいいだろう。

ローテーション

日本ダービー以来&今回人気という馬を狙う

日本ダービーからの直行組が[8.6.3.28]で勝率17.8%。このグループは人気にもなっているが、1〜3番人気に限ると[8.5.1.6]で勝率は40.0%にまで跳ね上がる。逆に4番人気以下は[0.1.2.22]と、かなり苦戦している印象だ。ラジオNIKKEI賞組が[1.1.1.7]で押さえておきたい存在。条件戦〜オープン特別からの臨戦は[1.3.5.73]で、勝ったのは前走・初の芝で古馬相手の準オープンを逃げ切ったリアファルだけである。

前走の着順

ダービー組もそれ以外も着順上位馬がやはり優位

日本ダービーからの直行組のうち、ダービー馬は[4.1.0.0]でパーフェクト連対。ダービー2〜5着馬も[4.4.0.5]で勝率30.8%、連対率61.5%だから買うべき存在だ。いっぽうダービー6着以下だと[0.1.3.22]で巻き返しは難しい状況といえる。日本ダービー以外からの臨戦だと、前走1〜4着馬が[2.3.5.62]、前走5着以下だと[0.1.2.28]。この組は、一応は前走の着順が上位なら買い、5着以下ならヒモ穴という扱いで考えたい。

脚質

差し馬を中心に、相手には先行馬と追込み馬をピックアップ

前走で4コーナーを先頭で回ってきていた馬は[1.0.1.11]。リアファルが勝ったものの、基本的には逃げ馬が苦戦している。前走4コーナー2〜5番手だと[2.4.4.51]で先行タイプも一息。6〜12番手で[6.3.1.40]、13番手以下だと[1.3.4.15]だ。前述の「前走の着順」と合わせて考えると「前走は中団から脚を伸ばして5着以内に入った馬」が1着候補、2着・3着にはそれ以外の馬+先行馬という馬券がよさそうだ。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。