2018年9月9日(日)

11R

2018年9月9日(日) | 4回阪神2日 | 15:35発走

第32回産経賞セントウルステークス(GII)

芝・右 1200m | 天気:雨 | 馬場:重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5900、2400、1500、890、590万円 |

レースの攻略アプローチ

厩舎・騎手

中心にしたいのは関西馬だが騎手は関東勢が大健闘

関東馬が[1.2.1.18]で勝率4.5%、関西馬は[9.6.9.99]で勝率7.3%。出走数が大きく異なるので成績差が出るのは当然だが、ひとまず関西馬上位と考えてよさそうだ。主として香港から参戦する外国馬も[0.2.0.1]なので押さえておくのが賢明だろう。ところがジョッキーは、美浦所属が[3.3.0.18]で勝率12.5%・連対率25.0%と大健闘。アベレージでは[7.5.10.99]で勝率5.8%・連対率9.9%の栗東勢を大きく引き離している。

性齢

牝馬が優勢。穴なら3歳馬、不利なのは6歳以上

牝馬が[5.2.6.38]で勝率9.8%、牡馬・セン馬が[5.8.4.80]で勝率5.2%。5勝ずつだが勝率は牝馬優位で、夏に強い牝馬が牡馬を引き連れて1着というイメージの一戦だ。年齢別の勝率は、3歳が[3.0.1.14]で16.7%、4歳が[4.2.1.16]で17.4%、5歳が[3.5.3.33]で6.8%と若い世代が優秀。特に3歳馬は、3着以内に入った4頭が4、6、9、10番人気。穴で狙っていきたい。6歳以上は[0.3.5.55]と成績がガクっと落ちる。

前走の距離・格・時期

夏場のスプリント重賞で結果を残してきた馬が勝利する

日本馬の場合、「前走が芝1200m以下のG3」という馬が[8.5.8.71]で、もっとも勝利に近い条件。さらに「前走3着以内」という条件を足せば[6.4.3.17]と中心的存在に浮上する。前走が条件戦〜オープン特別だと[0.0.1.24]、前走10番人気以下だと[0.0.0.36]。要は「スプリントG3=北九州記念かアイビスサマーダッシュで、10番人気以下ではなく、かつ1〜3着に好走していた馬」を狙うべきレース、ということになるだろう。

脚質・斤量

差し馬と負担重量の重い馬には不利なレース

4コーナーを先頭〜5番手で回ってきた馬が[10.7.6.34]で、明らかに先行馬優位。前走で4コーナー5番手以内だった馬が[7.3.3.41]と、これがひとつの目安だ。逆に4コーナー7番手以下だと[0.3.4.78]と差し馬には苦しいレース。前走4コーナー10番手以下だと[2.4.3.42]で、今回1番人気でも8着、2着、2着と取りこぼしている。また今回57kg以上を背負わされる実績馬は[1.6.1.32]と2着に敗れるケースが多い点にも注意が必要だ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。