sportsnavi

2018年11月10日(土)

11R

2018年11月10日(土) | 5回京都3日 | 15:45発走

第53回デイリー杯2歳ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

レースの攻略アプローチ

前走の格と結果

オープン・重賞の惜敗組より前走1着馬を重視

前走が中央のオープンか重賞だった馬は[2.5.6.35]と2〜3着が多い。前走で勝っていれば[2.3.2.5]、前走6着以下だと[0.0.0.14]と、信頼度は大きく変わってくることも覚えておきたい。前走が新馬・未勝利戦だった馬は[8.5.4.42]だから、強い相手と戦ってきた実績よりこの勢いを重視すべき。新馬・未勝利勝ち上がり組は、前走が1〜2番人気だと[7.4.3.25]、3番人気以下だと[1.1.1.17]だから、人気で勝っていることがベターだ。

前走のコース

関西の芝マイル前後を走ってきた馬が強い

前走がダートだった馬は[0.0.0.11]で用なし。芝1400〜1800mだった馬が[9.8.9.59]の勝率10.6%なので、まずはここが狙うべきゾーンだろう。芝1200mだと[1.2.1.13]で勝率5.9%と成績は落ちる。この組で馬券に絡んだ4頭は、すべて小倉2歳Sの連対馬だった。前走で走った競馬場別成績は、阪神[5.5.3.28]、京都[2.3.1.13]、札幌[2.0.3.10]、小倉[1.2.2.5]で、計[10.10.9.56]。関東圏や中京、地方を走ってきた馬は軽視したい。

脚質

逃げ馬も追込み馬も苦戦。狙いは先行・差し

前走4コーナーを先頭で通過していた馬は[0.1.2.17]。逃げ馬には苦しいレースだ。前走4コーナー2〜4番手の先行タイプが[7.4.3.24]と勝ち馬の7割を占める。5〜9番手の差しタイプが[3.4.5.33]で、なんとか上位争いは可能。前走4コーナー10番手以下だった馬は[0.1.0.9]。未勝利で豪快な追込みを決めたアッシュゴールド(オルフェーヴルの全弟)が2着に来たことはあるが、原則として後方に置かれる馬は割り引きたい。

キャリアとローテーション

デビュー2〜3戦目の馬で、ゆったりとしたローテーションが吉

ここが2戦目、つまりデビュー戦を勝ち上がってきたばかりという馬が[4.2.2.18]で勝率15.4%と優秀。ここが3戦目というタイプも[5.3.3.31]で勝率11.9%と悪くない。4戦目の馬も[1.4.3.18]とギリギリ勝ち負けできるが、5戦目以上というタイプは[0.0.1.10]と成績はガクっと落ちる。また前走からの間隔が3週以内だと[0.2.1.36]と大苦戦。4〜9週だと[9.7.6.38]で勝率15.0%。しっかりと間隔を開けて出てきた馬が完全に優位だ。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。