IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年11月4日(日)

12R

2018年11月4日(日) | 5回京都2日 | - 発走

第8回JBCレディスクラシック(GI)

ダート・右 1800m | 天気: | 馬場: | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走成績

前哨戦レディスプレリュードの上位馬が軸

過去7回の勝ち馬は、すべて最重要前哨戦に位置づけられる大井・レディスプレリュードからの臨戦。その前哨戦での結果は、1、1、1、2、3、2、4着。レディスクラシック2〜3着馬のべ14頭も、8頭がレディスプレリュード組。5頭がレディスプレリュードで連対、残り3頭は6着か7着だった。前哨戦の勝ち馬が馬券のアタマ・連軸の第一候補、2〜4着が相手、3着の穴には7着馬まで手を広げるべし、ということになる。

ダート実績

地方の重賞1着、中央で牡馬と互角以上の戦績が必要

過去7年の勝ち馬のうち、JRA勢の4頭はレディスクラシック制覇前に地方の交流重賞を勝利していた。中央での成績は、ミラクルレジェンドがレパードS1着、メーデイアは準オープン2着、サンビスタはマリーンS2着、ホワイトフーガは端午S1着。牡馬に交じって準オープン〜オープンで勝ち負けしていたことになる。昨年の勝ち馬ララベルは東京2歳優駿牝馬やロジータ記念の勝ち馬で、地方の牝馬ではトップといえる存在だった。

血統

父サンデーサイレンス系とノーザンダンサー系の争い

第1回・第2回を連覇したミラクルレジェンドはフジキセキの産駒、2014年1着のサンビスタはスズカマンボの産駒、昨年の勝ち馬ララベルはゴールドアリュールの産駒で、ここまでが父サンデーサイレンス系。2013年の勝ち馬メーディアはキングヘイロー産駒、2015年・2016年連覇のホワイトフーガがクロフネ産駒、すなわち父ノーザンダンサー系だ。この2系統からしか勝ち馬は出ていない。アタマ・連軸はどちらかから選びたい。

京都ダート1800mの特徴

先行馬有利のコース。前走1番人気だった馬にも要注目

今回のJBCレディスクラシックは京都ダート1800mでの開催。2013年〜今年10月6日までにこのコースではオープン特別6戦、重賞(みやこS)5戦が行われていて、1番人気は1勝のみ、2番人気が4勝。4コーナー3番手以内の馬が6勝、9番手以下は未勝利と先行馬有利だが、前走で逃げていた馬は未勝利だ。また前走1番人気馬が7勝。「前走1番人気だが今回は人気を下げた先行馬」が狙い目となりそうだ。

地方馬

トップクラスなら地方馬でも十分に買える

過去7回で3着以内に入った地方馬は5頭。うち3頭はもともとJRA所属で、500万勝ちのサクラサクラサクラ、未勝利勝ちのトーセンセラヴィ、芝で準オープン勝ちのラインハートと、目立った実績のない馬でもこのレースで2〜3着に来ている。純粋な地方所属馬だと、2012年2着のクラーベセクレタは東京ダービーなどを制した名牝、昨年の勝ち馬ララベルもロジータ記念などの勝ち馬。地方牝馬のトップクラスなら十分に買える。
Yahoo! toto

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。