2018年11月4日(日)

11R

2018年11月4日(日) | 5回京都2日 | - 発走

第18回JBCクラシック(GI)

ダート・右 1900m | 天気: | 馬場: | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走成績

連対馬の7割を占める日本TV盃組が中心

過去5年の勝ち馬の前走は、マイルチャンピオンシップ南部杯2着、帝王賞2着、日本TV盃3着、同1着、同2着。2着馬の前走は、日本TV盃1着が3頭、同3着が1頭、そして南部杯3着。日本TV盃上位馬どうしの戦いで、そこに南部杯や帝王賞といった交流G1の連対馬が絡めるか、といった展開だ。それ以前には東海S10着ワンダーアキュート、ドバイWC12着ヴァーミリアンが巻き返した例もあるが、どちらも久々の実戦だった。

ダート実績

中央と地方、双方で重賞を制していることが重要

過去5年の勝ち馬のうち、サウンドトゥルーとコパノリッキーは中央でも地方でもG1を勝っていた。ホッコータルマエは中央G3と地方G1の勝ち馬、アウォーディーは中央G3と地方G2の勝ち馬。中央・地方の両方で重賞を制していることが最低条件だ。2着馬のケイティブレイブ、クリソライト、ワンダーアキュートはいずれも地方G1勝ち馬。少なくとも交流重賞での勝ち鞍がないと、このレースでも連対は厳しくなる。

血統

ゴールドアリュール産駒とキングカメハメハ産駒には要注目

このレース2連覇のコパノリッキーと2014年2着のクリソライトはゴールドアリュール産駒。ゴールドアリュール産駒のスマートファルコンも2010年・2011年とJBCクラシック連覇を果たしている。2013年以降の京都ダート1900m戦を見ると、ゴールドアリュール産駒は8勝・勝率10.4%と、ここでも好調。これを上回るのがキングカメハメハ(ホッコータルマエの父)産駒の14勝・勝率11.1%。この種牡馬2頭の産駒には要注目だ。

京都ダート1900mの特徴

波乱もありうるコース。内の馬と前に行く馬に注意

今回のJBCクラシックが実施される京都ダート1900mで、2013年〜今年10月8日までに実施された準オープン・オープン特別・重賞は計28戦。1番人気、2番人気とも5勝で勝率17.9%、2014年の平安Sでは3連単146万馬券が飛び出すなど波乱傾向にある。1枠が7勝で勝率18.4%、4コーナー先頭の馬が9勝で勝率32.1%、前走2〜3着馬が10勝で勝率16.4%と「最内有利、逃げ先行有利、惜敗からの巻き返し注意」といったところだ。

地方馬

地方勢で勝負できるのは年度代表馬クラスだけ

2001年の創設以来、JRA勢が勝ち続けているJBCクラシック。過去5年、地方馬の最先着は4着、6着、7着、6着、5着で掲示板に載るのが精一杯という状況だ。それ以前の好走例を見ると、帝王賞勝ち馬マキバスナイパーが2001年に2着、後に地方の年度代表馬となるアジュディミツオーが2004年2着、ジャパンダートダービー勝ち馬でやはり年度代表馬にもなるフリオーソが2着2回。このクラスでないと連対は難しそうだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。